13.秋の花

シオギク

前々回の記事と日付が前後しますが、飛び石連休の11月24日は、会社が休みでした。
少し遠出をして、徳島県の海岸まで、行ってきました。

見たかった花は、シオギク。
栽培するキクに近い仲間ですが、舌状花(花びらに見える花)がなく、黄色い坊主頭のような花が特徴です。

目的地に着いて、海岸沿いを歩くと、さっそく、シオギクが出迎えてくれました。

K1_15334_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

磯に、広がる、シオギク。

K1_15294_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

きょうは、穏やかないい天気です。
低い位置からの、青空バックのシオギクも、いいですね。

K1_15281
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

風もない磯で撮影していると、たっぷり着こんでいたので、暑くなってきました。
真上からの、シオギク。模様みたいですね。

K1_15255_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

海岸に咲く花は、やっぱり、海をバックにしたいです。
実は、これが、案外難しいのですが、なんとか、いい位置に咲いていてくれました。

K1_15345
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

たくましく、磯のガレ場に咲く、シオギク。
心行くまで、撮影しました。

K1_15264
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

おまけ。
ハマアザミです。意外と花期が長くて、こんな晩秋でも、咲いています。

K1_15259
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さて、シオギクの仲間は、紀伊半島から東海、関東の太平洋側に分布し、紀伊半島のものはキイシオギク(キノクニシオギク)、東海以東のものはイソギクに分類されています。
どれも、姿だけ見ると、よく似ていて、私には区別がつきません。

ちなみに、四国の西半分から九州にかけては、アシズリノジギクが分布しています。
アシズリノジギクは、白い舌状花があり、かなり見た目がちがいます。
四国の東西で、シオギクとアシズリノジギクと、同じような環境なのに、きれいに棲み分けているのは、不思議です。

| | コメント (0)

植物写真ワークショップ(武田尾・秋)

昨日、11月25日は、植物写真家いがりまさしさんの植物写真ワークショップに参加してきました。

場所は、旧福知山線の、川沿いの線路跡を歩く、武田尾ハイキングコースです。
ずっと、未公認のハイキングコースでしたが、昨年に、半年ほどかけてコース整備され、晴れて、ハイキングコースとしてリニューアルしました。

この武田尾ハイキングコース、何回か訪れていますが、秋に訪れるのは、2回目くらいです。

ここ最近は、12月の寒さが続いており、この日の武田尾は、冷気の吹き溜まりになるのか、とても寒い。
でも、少し歩くと、山陰から日差しが射してきて、逆光に見る、秋色に色づいた植物の姿が、とてもきれいです。

ヌルデ。

K1_15544
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

マメガキ。

K1_15570_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

フジ。

K1_15578_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

アキニレ。

K1_15597_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

午後になると、薄雲が徐々に厚くなり、日差しがぐっと弱くなりました。

マルバノホロシ。

K1_15648
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

キクバドコロ(カエデドコロかも?)。

K1_15658
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

フユザンショウ。

K1_15669_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ツルウメモドキ。

K1_15690_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この日のワークショップは、武田尾からあまり離れず、ハイキングコースと、対岸を歩きました。
それでも、思ったよりいろんな被写体がありました。

今回は、主に、70mm~200mmズームで、望遠で撮りました。
カメラ(ペンタックスK-1)の癖でしょう、見た目より、赤が、強く出ています。
おかげで、実際より、少し、鮮やか目に撮れています。でも、「記憶色」は、こんな色でしたね。

| | コメント (3)

紅葉(ハゼノキ、コナラ)、黄葉(ダンコウバイ、タカノツメ)

今年の紅葉は、早めに進んでいるようです。
近所の、宝塚、三田の山々で見つけた、11月の紅葉&黄葉です。

道路沿いの崖に、真っ赤な葉を茂らせた木がありました。
ハゼノキです。

K1_14581
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

本当に、ただ、ただ、赤いですね。
まだ色づいていない緑の葉っぱとのコントラストも、鮮やかです。

K1_14595
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

谷あいで見つけた、コナラの紅葉。
こちらも、負けじと、赤いですね。光が射すと、とっても鮮やかです。

K1_14898
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いっぽう、黄色く色づく葉っぱは、穏やかな感じです。
こちらは、林道沿いのダンコウバイ。
ユニークな形もかわいらしいですね。

K1_14877
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

タカノツメも、あちこちの山で黄葉していました。
ことしの、タカノツメの色づきは、今一つかな?

K1_14519
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

去年などは、もっと、まっ黄色に色づいていたのですが、今年は、台風の影響か、少しまだらな色づきです。でも、それも、また、趣がありますね。

※冒頭のハゼノキですが、厳密な同定をしていないので、もしかしたら、ヤマハゼかもしれません。両者は、とても、よく似ていますが、これだけ色づくのはハゼノキかな?と思います。

| | コメント (0)

ダルマギク(山口・角島)

「週」回遅れになってしまいましたが、11月頭、文化の日からの3連休、山口県の角島(つのしま)まで、妻と、長距離ドライブ旅行をしてきました。

夕方過ぎに出て、山陽道をひた走り、途中、車中で仮眠を取って、角島に、朝の8時前に到着。
角島大橋。この橋、有名みたいですね。
TVコマーシャルなんかで、見たことあると思います。

K1_14620
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この日は、風が強く、波が高い。
この橋を渡って、角島に渡ると、島の先端の公園が、ダルマギクの自生地です。

駐車場に車を停めて、歩道を歩いてゆくと、咲いてました、ダルマギク。
でも、歩道のロープからはみ出せないので、なかなか、近くで撮れない。
ようやく、岬の先端で、近寄れる株がありました。

K1_14637_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

撮っていると、あれれ?
にわかに空が暗くなって、大粒の雨が。

3連休の真ん中の4日は、一時的な冬型になったようで、傘も差せないほどの、北風と雨。
ずぶぬれになりながら、いったん車まで戻って、雨宿りしていると、急に晴れて、日が射してきました。

急げ!再び、車を降りて、ダルマギクの撮影。
風が強いおかげ?で、後ろの波頭が、きれいです。

K1_14693
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

角島のダルマギク自生地ですが、保護を訴える立て看板の写真には、いちめん花に覆われた、海岸の写真がありました。
でも、この日見たダルマギクは、あちこち咲いているものの、小ぶりな株が点在しているだけ。

K1_14668_1

橋がなかったころは、訪れる人も、そう多くはなかった。
それが、橋ができて、急に訪れ得る人が多くなり、自生地は、心無い人たちで踏み荒らされ、ダルマギクも激減してしまった。
といったところでしょうか。

今でこそ、ロープを張った遊歩道があり、立ち入りを制限してます。
でも、効果は、いかほどのものか。釣り人は、ロープなどお構いなしに踏み越えて、海岸の岩場に入っていました。

また、岬の先端では、ロープの内と外が曖昧になっており、ロープの内側を歩いていたつもりが、いつの間にかロープの外側、といった状況でした。
そのせいか、カメラを持った人も、どんどん、踏み入っていました。

ちょっと残念だった角島を後に、秋吉台のカルスト台地に行きました。

しかし、空は曇ったまま、風はビュービュー吹いて、時おり雨もぱらつく、天気。
根性で、小高い山まで登りましたが、それが、限界でした。

K1_14750
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

帰りは、萩から島根県の浜田まで、日本海の海岸沿いをドライブしながら、帰りました。
途中、道端で、黄色い菊を発見。

サンインギク?シマカンギク?それとも、栽培品?
えらく花付きがいいし、小さな祠のそばで咲いていたので、残念ながら、栽培品かな?

K1_14783
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

日本海の海は、しぶきが海岸沿いの道路にまでかかるほど、風が強く、波が高かった。

K1_14813
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

帰りは、浜田から、浜田道~中国道を走りました。

いつも思うことですが、中国道は、車が少ない。都市が並ぶ瀬戸内側に山陽道ができて、すっかり、車の流れを奪われてしまったんでしょうね。
中国地方を縦断する場合も、山陽道の方が、中国道より少し短いですし。

| | コメント (0)

キイジョウロウホトトギス

体育の日が、10月10日から第二月曜日に変わって、必ず3連休になるのはうれしいですが、やっぱり、晴れの特異日で、東京オリンピックの開会式の日だからこそ、体育の日ですよね。
なので、未だに馴染めません。

ともかく、3連休の中日の10月8日、キイジョウロウホトトギスを探しに行きました。

キイジョウロウホトトギスは、その名のごとく、紀伊半島に自生するジョウロウホトトギスです。
和歌山県と奈良県に自生があり、今回は、奈良県の自生地を訪ねてみました。

8月に、ヒオウギを見つけた場所の近くの渓谷に、キイジョウロウホトトギスがあるのも見つけていたので、まずは、その場所へ。

花付きも見事に、咲いていました!

K1_14164_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、きれいに咲いていたのは、この、1個体だけ。
何個体もあったんですが、まったくと言っていいほど、花を付けていませんでしたし、半ば、枯れたような個体もけっこうありました。
ことしの夏、関西は、普通に暑かったと思うのですが、紀伊半島の夏は、厳しかったのかもしれません。

以前に見つけた場所に行ってみると、よかった、ちゃんと咲いていました。
でも、こんな感じです。

K1_14235
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

そう、こんな、崩落防止のフェンスの間から、咲いているんです。

キイジョウロウホトトギスは、けっこう、たくましい花です。
和歌山のすさみ町では、集落をあげて栽培しているところがありますが、石垣の間からなどから、それは見事に咲いています。

ちょっと、残念な姿ですが、でも、フェンスの間からのキイジョウロウホトトギスも、悪くないかもしれません。

K1_14194
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

どうでしょう、案外、おもしろい写真になってると思いませんか?
私は、気に入ってるんですけどね。

さて、キイジョウロウホトトギスを堪能した後は、高野山を散策しようと行ってみたのですが…。
何?これ?凄い、人、人、人。

何か特別な日なのか、それとも、先日「ブラタモリ」で、たっぷり、高野山を紹介していたせいなのか?
車を停めるのも大変だし、とても、ゆっくり散策できる雰囲気ではなかったので、この日はあきらめました。
高野山へは、また、そのうち、空いてそうな頃を見計らって、行くことにします。



| | コメント (0)

アケボノシュスラン

さて、今回の秋の帰省で、いちばん見たかった花は、アケボノシュスランです。

山の中、沢のほとりに、アケボノシュスランがあることは、ずっと前から知っていました。
でも、花を見たことは、まだ、なかったんです。

というのも、花が咲くのは、夏、8月の頃と、勘違いしていて、お盆の帰省の時に、2、3回ほど、花が咲いてないかな?と、見に行ったことはあるんですが、かろうじてつぼみはあったものの、咲いているはずがありませんでした。

おかしいなと思って、よくよく調べたら、花が咲くのは秋、9月~10月頃じゃないですか。

今回、お彼岸に帰省することになったので、今度こそは、と思って、沢に分け入ってみました。

ありました!
沢のすぐそば、シダの陰に隠れるように、咲いていました。

K1_14047
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

実物は、この写真より小さいです。
花の長さは、そうですね、せいぜい7~8mmってとこでしょうか。

ふと、沢の反対側を見やると、そこにも咲いていました。

K1_14069
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ひとつ見つけると、不思議なもので、2つ、3つと、見つかります。
目が慣れるんでしょうか。

まだ、つぼみの個体もありました。
いっぺんに咲くのではなく、少しずつずれて咲くんでしょうね。

数は少なかったですが、ようやく見られた、アケボノシュスランの花に、満足。

でも、この谷のアケボノシュスラン、学生の時に初めて見つけたのですが、1mくらいの大きな石に、びっしりと張り付いていたり、とても、たくさんの数がありました。

ところが、最近は、草陰に隠れるように、小さな個体が、ぱらぱらとあるのみです。
なぜ、こんなに減ったのか?
おそらく、シカの食害によるものでしょう。

アケボノシュスランの他にも、コミヤマスミレやナベワリなど、かつてこの谷で見られた花を、最近は見ません。
ことごとく、シカに食べられてしまったんでしょうか。

| | コメント (0)

故郷のヒガンバナ

秋分の日が重なった週末、妻と、愛知県に帰省していました。
本当は、1週間前の3連休に帰る予定だったのですが、台風と重なってしまったので、1週間延期したんです。

結果的に、ヒガンバナの咲く季節の帰省となりました。
生家に向かう道すがら、田んぼのあちこちで、赤い花が点々と咲いています。

生家のほど近くに、密度の濃いところがあったので、翌朝、行ってみました。
着くと、ちょうど、山の端から、朝日が昇ってくるところでした。

K1_13976
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

満開のちょっと前、いちばんきれいな状態です。
でも、密度が濃すぎるくらい。

K1_13986_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

波打つ、赤、赤、赤。

K1_14005
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

見上げた角度も撮りたくなります。
斜面だったので、苦労せず、撮れました。

K1_14016
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

お彼岸には、やっぱり、ヒガンバナが似合いますね。
ここ何年かは、厳しい残暑のせいで、遅れがちの年が多かったですが、今年は、ばっちり、お彼岸に咲いてくれました。

さて、ひとしきりヒガンバナを撮った後は、今回、いちばん見たかった花を目指して、山に分け入りました。

<次回に続く>

| | コメント (0)

ツルアリドオシ(実)、ダイモンジソウ

今年(2016年)は、幾度となく、丹後半島を訪れました。

今度の週末は、どこに花の散策に行こう?
迷った時、とりあえず、丹後半島に行けば、必ず、何かに出会えます。

11月第2週の週末(12日)も、そんな感じで訪れましたが、花に、実に、紅葉に、いろいろ出会うことができました。
その中から、ちょっと地味目な実と花の紹介です。

まずは、ツルアリドオシの赤い実です。
鮮やかな赤い実ですが、林の下に這うような蔓に点々と付く実は、地面近くに目をやらないと、見過ごしてしまいます。

K1_04882
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

直径8mmくらいの実です。
よく見ると、実に2か所、へそがあります。
これは、2つの花が並んで咲いて、実になるときは1つに合わさる(合着=がっちゃく、と言うようです)からです。
花の写真は、6月のブログ「ネジキ、ツルアリドオシ」にあります。
いかに小さい植物か、この写真の方がわかりやすいかも。

もうひとつは、ダイモンジソウの花。
山道沿いの、水が滴るような崖に、ちょっとした群落を作って咲いていました。

K1_05021
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ユキノシタに近い仲間で、花の形が「大」の字に見えることから、大文字草の名がつきました。

群落全体的には、ちょっとピークを過ぎた感じでしたが、まだ、きれいに咲いてくれている花もありました。

おまけ。
海岸の植物も散策したかったんですが、山の方で思ったよりいろいろ被写体があったので、海岸はちょっと歩いただけ。
波がちょっと高めで、やがて来る冬の日本海を思わせる海でした。

K1_05073
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)


| | コメント (0)

どんより空の赤い実(ノイバラ、カマツカ)

文化の日から続く飛び石連休は、ずっと晴天続きでした。

きょう(6日)も、おひさまマークの天気予報。
朝方、雲が出ていたけど、きっと、晴れるだろうと、いつもの、宝塚から篠山方面の里山コースドライブに出かけたのですが…。

あれれ?
雲が厚くなって、風も出てきた。
ぽつぽつとフロントガラスに雨粒が。

気温も、家を出るときは17度だったのが、徐々に下がっていって、ついに、11度に。
強い雨ではありませんが、完全な、時雨空。
もう、冬を思わせる空模様です。

そんな中で、見つけた、赤い実を二題。

ひとつ目は、ノイバラです。

K1_04773
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

これほど実がついているのは、珍しいと思います。
どんより空ですが、明るめの露出にすると、赤い実は、わりときれいに写ってくれます。

曇り空をバックに、思いきり露出オーバーで。

K1_04781
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ふたつ目は、カマツカの赤い実。

K1_04845
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

やっぱり、いつもより、実の付きがいいようです。

K1_04811
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

それにしても、寒い。
風が吹く中、凍えながらの撮影でした。

昨日は、よく晴れて風もなく、薄着でも暑いくらいだったのに、きょうは、一転して、時雨が降る寒空。
季節は、一気に冬に向かいそうですね。

| | コメント (2)

ナツハゼ

このブログで、ナツハゼの実とジャムを紹介したのは、もう、5年も前になりました。→ 2011年ナツハゼ

ところが、その後、見つけていた自生のナツハゼは、まったく実が生らなくなってしまいました。

ナツハゼは、本来、日当たりの良い、痩せた山に自生します。
私が見つけていたナツハゼは、周りに木が茂った環境でした。おそらく、以前は、もっと、日当たりが良かったのでしょう。

何とか持ちこたえていたものの、さすがに環境が合わなくなり、実をつける力もなくなってしまったと思われます。
当時のブログの写真を改めてみると、紅葉もしてません。本来、ナツハゼは、赤く紅葉するんです。

どこかにナツハゼはないか、ずっと、気にはとめていたのですが、やっと、今年の6月、とある山で、花が咲いて居るのを見付けました。

K1_01576_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

そう、花は、こんなに、地味なんです。

ここは、乾いたやせ尾根。
これなら、秋には、きっと実が生るにちがいない。

そして、きのう(10月15日)、訪れてみると、はたして、紅葉したナツハゼの木に、黒々とした実が生っていました!

K1_04575
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

あまり実の付きはよくないようです。

でも、6月に花を見つけた時は気が付かなかったのですが、思ったより、個体数がたくさんあります。
一足早く紅葉しているので、目立つんですね。あちこちで、赤く色づいたナツハゼがありました。

K1_04590
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

一本のナツハゼの木当たりの実は多くありませんが、お蔭で、これくらいの実を集めることができました。

Imgp4706
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さっそく、煮詰めてジャムにしました。

Imgp4718
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

数回で食べきってしまうほどの量しかありませんが、久しぶりのナツハゼジャム。
食べるのが楽しみです。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧