12.夏の花

ヒオウギ(および那智の滝、古座の一枚岩)

8月11日は、山の日。
と言われても、なんだか、まだ、ピンときませんが、とりあえず、祭日でお休みなのは、うれしい。

今年は、11日から3連休。
11日は、ゆっくりと過ごし、12日に、妻と、南紀まで、日帰りドライブ。
朝早く出て、行きは、紀伊半島の中央を縦断する国道を、南下しました。

紀伊半島の山中を走る国道を、初めて走ったのは、かれこれ、20年くらい前でしょうか。その頃は、急峻な谷筋を縫うよう走る、すれ違うのもやっとの、狭くて曲がりくねった道ばかりでした。
その後、度重なる台風や水害の土砂崩れなどもあって、少しずつ、トンネルで山を貫通したり、川に張りだすような高架橋にかけ替えられ、今は、走りやすい道が多くなりました。

険しい川沿いの道なので、ちょっと脇に入ると、なかなか、おもしろい植物が見られます。
秋には、キイジョウロウホトトギスが咲くところもあります。ただし、手の届かない、遠いところばかりですが。

今の季節は、咲いている花も少ないのですが、こんな花が咲いていました。

K1_13008
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ヒオウギです。
でも、咲いていたのは、道端。花の後ろは、コンクリートの壁です。

果たして、これは、自生?
庭に植えていたのが、逃げたもの?近くに、民家はないけど。

ところが、近くの川岸の垂直な岩盤に、張り付くように咲いている、ヒオウギがありました。

K1_13018
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

遠かったので、ここまでしか寄れませんでした。
数株、ありました。ということは、道端の個体も、自生と考えていいでしょう。

さらに南下して、熊野本宮大社にちょっと寄って、今日の目的地の、那智の滝に到着。
関西に住むようになって長いのですが、那智の滝に訪れたのは、初めてでした。

K1_13082
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

到着する直前、突然の夕立が降って、那智の滝は、上部に少し霧がかかり、ちょっと、幻想的でした。

那智の滝を見た後は、さらに南に進んで、古座の一枚岩に到着。

K1_13107
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

先日のNHKスペシャル「列島誕生ジオジャパン」は、ご覧になられたでしょうか?
紀伊半島には、かつて、世界最大級のカルデラ火山があり、古座の一枚岩や那智の滝など、各地に残る岩盤や奇岩は、その名残だとのこと。

古座の一枚岩は、何回か訪れていて、私には、見慣れた光景でしたが、カルデラ火山の名残、なんて言われて、改めて見てみると、いやいや、大した絶景です。

帰りは、紀勢道、阪和道を通って、紀伊半島の西半分を半周するルートで、帰途につきました。
高速道路も、ここ20年くらいで、ずいぶんと南に伸びて、紀伊半島も近くなりました。

| | コメント (0)

クサギ、キツネノカミソリ

暑いですね。
連日の、猛暑日。家の外に一歩出れば、むわわっとした、熱風。
サウナ風呂にいるようです。

それでも、ちょっとは出かけようと思い、車で、近所の里山めぐりをしました。

少しでも涼しい朝のうちに、と思いながら、寝坊して、家を出たのが、7時半過ぎ(夏場に、7時半出は、遅いです)。

いつも巡る、宝塚、三田、篠山の山あいの道、農道、林道を回って、車を停めて散策しましたが、この時期、咲いている花は少ないですね。まあ、当たり前といえば当たり前ですが。

それでも、咲いている花がないわけじゃありません。
木の花では、ネムノキ、リョウブがピークやや過ぎ、クサギが咲き始めのころでした。

クサギは、秋に色づく実の方が目立ち、花の方はやや地味ですが、よく見ると、なかなか味わいがあります。

K1_12746
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ピンと伸びたおしべが特徴的な花です。

K1_12797
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

草の花は、アキノタムラソウばかり目につきましたが、ふと、道端に、あざやなかオレンジ色の花が。
キツネノカミソリです。お盆過ぎに咲く花と思っていましたが、もう、咲いているんですね。

林をバックに撮り始めましたが、なんか、おもしろくない。
道端に咲いているのだから、道路も入れよう、そうだ、通る車も入れてしまえ。

K1_12872
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

道路の反対側には、古びた土塀の道具置き倉庫がある。これも入れよう。
キツネノカミソリって、こんな、道端に咲いているんですよね。

K1_12926
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

幸い、花を撮っていた午前中は、曇りがちで、照りつける日差しも少なく、比較的、しのぎやすい天気でした。

このまま、ひと雨くるかと思ったんですが、昼過ぎごろから、雲が切れ始め、暑い日差しも照りつけてきた。これは、もう、帰ろう!
コンビニに寄って、水分補給しつつ、帰途につきました。

| | コメント (0)

ヨツバヒヨドリ、オオバギボウシ(大山)

梅雨明けの7月22日、鳥取の大山まで行ってきました。
自宅から、約200km。高速を使って、車で3時間です。

大山と言っても、登山ではありません(すみません)。
この日の主な目的地は、山麓にある、鏡ヶ成という、ちょっとした高原。
標高は1000m足らず、小さいスキー場や、湿原の散策コースなどがあります。

着いてみると、さっそく、小高い山の斜面に、白っぽい花がたくさん咲いていました。

ヨツバヒヨドリと、

K1_12383_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

オオバギボウシ、です。

K1_12409
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

草むらに、競い合うように、咲いていました。

ヨツバヒヨドリの周りにあるのは、花が終わった、ヤマブキショウマのようです。

K1_12474
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

もう少し早い時期に来ると、ここは、ヤマブキショウマのお花畑になるみたいです。

背の高いオオバギボウシの花は、縦構図の方が決まりますね。

K1_12435
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

200mほど移動して、湿原を散策。
ここにも、オオバギボウシが群れ咲いていました。

K1_12508
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この白い花は、ヒヨドリバナ。
先ほどのヨツバヒヨドリによく似ていますが、花の色が白いのと、葉の付き方がちがいます。

K1_12582
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

湿原には、ノハナショウブやトモエソウなども咲いていました。
思ったより、たくさんの花に出会えました。

このあと、山麓を半周ほどドライブして、鳥取市方面に抜け、海岸をドライブして帰途につきました。

帰ってきて、なんだか、疲れました。
どうも、軽い、熱中症になったような気がします。

夢中で写真を撮っているときは、水分を取るのも忘れています。
夏は、気をつけないと。

| | コメント (0)

ツルアジサイ(大台ケ原)

海の日がらみの3連休、今年は、妻と、大台ケ原に行ってきました。

自宅から、約150Km、車で3時間強。
楽に日帰りができる距離で、丹後半島に行くのと、さほど、変わらないです。

丹後には、しょっちゅう出かけるのですが、プライベートで大台ケ原に行ったのは、初夏のシロヤシオの頃と、秋の紅葉の頃と、2回くらい。
なので、久しぶりの大台ケ原です。

朝5時に家を出て、8時過ぎに着きました。
下界は、猛暑日の真夏ですが、さすがは、標高1,500mの高原、風が涼しくて、気持ちがいいです。

大台ケ原ならではの風景を見ながら、ゆっくりと、散策。

K1_12140
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この時期、大台ケ原に咲く花は少ないですが、こんな花が咲いています。
木々に絡まって咲く、ツルアジサイです。

K1_12142
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、登山道から少し離れた木の葉かげだったり、木の高いところだったり、写真に撮るのは、ちょっと難しい状況でした。

K1_12207
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ところが、です。

帰りがけ、駐車場から少し車を走らせたところの、道端で、コンクリートブロック崖にもたれかかって咲いているのは?

K1_12246
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

なんと、ツルアジサイでした。

あれま、あんなに撮りづらかったのが、目の前に咲いているじゃありませんか。

K1_12255
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

残念ながら、少し終わりかけで、飾り花以外の花は、もう、終わっていました。

でも、あんなに撮るのに苦労したのが、目の前に咲いていて、あっさり、撮れてしまうなんて。
案外、世の中そんなもの、ですかね。

朝8時過ぎに駐車場を出て、日出ヶ岳に登り、東大台を半周するコースを歩き、駐車場に戻ったのが午後2時前。
標高差200mもなく、距離も大したことないので、楽勝と思っていたのに、家に帰ってみると、たいそう、体が疲れていました。

日ごろの運動不足は、隠せません。
ふだんから、もうちょっと、歩かないといけないです。

| | コメント (0)

ドクダミ、クリ

7月最初の週末(1日)は、兵庫県の真ん中北あたりに位置する山、蘇武岳に行ってきました。
と言っても、尾根筋に沿った林道をドライブしただけですが。

蘇武岳は標高1074m、林道は標高800m~1000mくらいを走っています。
久しぶりに訪れたのですが、以前は、砂利道が多かったように記憶していたのだけれど、ほとんどの区間が、きれいに舗装されていました。

走りやすいのはいいんですけど、林道わきの斜面が単調になって、おもしろくありません。
加えて、シカの食害(この日も、数頭のシカに出会いました)。急斜面以外は、すっかり、丸坊主です。

そんなわけで、この日出会った花から紹介するのは、ドクダミとクリです。
この両者、全然違う種類ですが、共通点が1つだけあります。それは、臭いこと。ドクダミは葉っぱが臭くて、クリは花が臭い。

それは、ともかく、山のふもとの道端で見た、ドクダミは、なんとまあ、見事な群生でした。

K1_11725
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

濃い緑の葉っぱと、真っ白な花。
この組合せで思いだすのは、そう、ニリンソウ!このドクダミ、全然負けてませんでしたよ。

よく見ると、清楚で、すがすがしい花です。

K1_11757
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、尾根筋まで上がったら、クリの木の花盛り。

K1_11864
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

案外、きれいな花と思いません?
クリの花って、風媒花なんだけど、虫媒花の性質も持っていて、そのため、臭いを放って、虫たちを呼び集めるらしいです。

もう少し、近づいて。

K1_11845
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

今、咲いているのは、雄花です。
雌花は、この写真の右上の枝についています。咲き始めたところなんですが、わかるかな?
既に、イガの形をした、ちっちゃいつぼみが付いてますよ。

期待したヤマアジサイは、シカの首が届きそうにない急斜面に、かろうじて咲いていたのみ。
とても、写真になるような花ではありませんでした。

増えすぎたニホンジカ。
自然は、どこかでバランスを取ろうとするので、きっと、いつか減少に転じるんじゃないかと、淡い期待をしています。


| | コメント (0)

コアジサイ、ナガバモミジイチゴ

6月3日、里山めぐりの続きです。

マムシグサを撮って、山道を下ると、北向きの斜面に、コアジサイがいっぱい咲いていました。

K1_11197
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

飾り花がないコアジサイの花ですが、水色の花が、とても涼やかです。

K1_11189
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

久しぶりに、コアジサイの群生に出会えて、ハッピーな気分でした。

K1_11237
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

コアジサイの隣には、こんな、イチゴの実が生っていました。
ナガバモミジイチゴです。

K1_11148_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

オレンジ色の見た目通り、少し酸味のある、おいしいイチゴです。

K1_11168_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

クサイチゴと並んで、子供の頃、学校の帰り道の、貴重なおやつ、でした。

6月頭でも、案外、いろんな花や実に、出会えるものですね。


| | コメント (0)

シソバタツナミソウ、マムシグサ

せっかくの週末なのに、なんか、頭が重い。
今週は、家でじっとしていようかな。

さて、先週末(6月3日)は、近場の山を巡りました。

いつもよく行くコースを巡り、最初に出会ったのは、タツナミソウの仲間の花でした。

K1_11026_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ふと見ると、切通しの土手に、けっこうな数の花が、咲いているじゃないですか。

K1_10987
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

きれいなんですけど、厄介な花に出会ってしまいました。
というのも、この頃に野山に咲くタツナミソウの分類は、困難を極めるからです。

でも、これは、シソバタツナミソウで、いいんじゃないかと思います。
葉っぱは、明らかに「紫蘇葉」ですし、特徴である茎の毛の付き方も、図鑑と合っていました(写真をぐっと拡大すると、茎の毛もくっきり見えます)。

もうひとつ、厄介な花に、出会いました。
テンナンショウの仲間です。

K1_11100
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今ごろ咲いているなんて、ちょっと、意外でした。
ふつう、低地の山では、5月連休の頃に咲いてます。

さて、いったい、このテンナンショウは、何テンナンショウ?何マムシグサ?
テンナンショウ属の分類、特に、マムシグサとその近縁種の分類は、まったく定まっていません。

平凡社の「日本の野生植物」では、分けるのをあきらめた?わけじゃないでしょうが、マムシグサの範囲をかなり広義にとらえています。
これに倣えば、マムシグサ、ということになるんでしょうか。

ちょっと道を下ったところに、別の個体がありました。

K1_11122
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

写真を撮っているときは、あまり気づかなかったんですが、こうして並べてみると、ずいぶん、雰囲気がちがいます。

でも、やっぱり、これも、マムシグサなのかなあと、思います。

| | コメント (0)

タジマタムラソウ、ハマウツボ

5月27日の、丹後の続きです。

浜辺で撮影した後、今度は、山の方に向かいました。
途中、エゴノキの大木の、白く煙るような花を見た後、山道をドライブしてゆくと、 思いがけない花が。

タジマタムラソウです。

K1_10774_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

アキノタムラソウに近い仲間ですが、初夏の頃に咲き、近畿の北部にだけ分布する花です。

兵庫県の自生地を2か所知っていたのですが、山の中の自生地はシカの食害で壊滅、棚田の自生地は、シカ除けフェンスが張られ近づけなくなり、写真が撮れなくなっていました。

目の前に現れた、タジマタムラソウには、うれしかったですね。

K1_10783
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さて、この日最後に訪れた浜では、お目当ての花がばっちり咲いていました。
ハマウツボです。

K1_10852
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ハマウツボは寄生植物。周りの緑の葉っぱが、寄生主のカワラヨモギです。

まとまって咲いている個体も。

K1_10873
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

中には、寄生主から離れて、砂浜からぽつんと伸びている花も。

K1_10902
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この日の丹後ドライブは、思ったより、いろんな花に出会えて、なかなか、忙しい一日でした。

| | コメント (0)

ハマナス、ハマヒルガオ

春は、一度出かけると、撮る花の写真の数が半端じゃないので、どうしても、整理が、後手、後手に回ってしまいます。
というわけで、やっと、先週末(5月27日)に撮った写真です。

先週末は、妻と、定番の丹後方面に、ドライブがてら、行ってきました。
この季節、やっぱり、浜辺がおもしろいです。

まずは、ハマナス。
濃いピンクの大きな花は、いつ見ても、目が覚めるような鮮やかさです。

K1_10500
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

5月の頭ごろから咲き始めるので、既に、名前の由来となった、丸い実が生っていました(写真、下の方)。
季節が進むと、この実が真っ赤に色づきます。それも、また、楽しみです。

K1_10645
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ときおり日が射す天気でした。
日差しを浴びると、いっそう、鮮やかが引き立ちますね。

K1_10630
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ハマナスは、浜辺の、少し波打ち際から離れたところに咲いていましたが、同じ浜辺の砂浜には、ハマヒルガオが、今、まさに、全開!の満開でした。

K1_10608
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こんな調子で、砂浜いちめんに咲いているんですね。

K1_10636
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

夢中で撮影していると、釣り人がひとり、やってきました。
いただき!

K1_10548
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

以前だったら、こんな風に、人を入れる群落の写真なんか、撮らなかったと思います。
でも、こうして人が入ると、なんか、物語が生まれますよね。

今年の花の写真は、ちがった視点の「攻めの写真」をモットーにしてみよう、なんて、ちょっと、思っています。

| | コメント (0)

ハスは朝!

7月最後の日曜日(31日)は、先週に続いて、再び、亀岡のハスを見に行きました。
今度は、朝から見ようと、早朝5時半ごろ、自宅を出発。

着いたのは、6時半過ぎ。
既に、山から顔を出した朝日が、蓮池を照らしていました。

K1_03143
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

太陽を入れてみたのですが、空は、真っ白に飛んでしまっていますね。

でも、やっぱり、ハスは、朝がいいです。
新鮮な花が開いているし、それよりなにより、夏の朝は、すがすがしい。

朝とはいえ、強い日差し。
鮮やかなハスの花は、色が飽和してしまいそう。

K1_03175
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

コントラストがはっきりした、逆光の写真。
繰り返しますが、やっぱり、ハスは、朝です。

K1_03209
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、オニバスは?

ぽつぽつと、咲いていました。

K1_03243
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

8月の中ごろには、けっこう咲いているかなあ。
あるいは、9月の終わりくらいがいいかも。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧