11.春の花

モチツツジ

フィルムからデジタルになって、撮る枚数がぐんと増えましたが、最近は、以前にもまして、さらに枚数が増えてしまいました。
こないだの土曜日は、1日で450カットくらいでした。三脚を使わず、手持ちにしているせいもあるでしょうか。

もう、帰ってからの整理が大変です。
先週末撮った花の写真の整理も、やっと、きょう、終わったところ。

さて、今年、これまで撮影に出かけて思ったのは、どうやら、今年は、木の花の当たり年だということです。

春先は、ミツバツツジが、雑木林をピンクに染めていました。
そして、5月の頭は、モチツツジが、再び、林の縁をピンクで彩っています。
 
連休中の5月1日、いつも行く、三田の林道沿いに、もう、こんなに、モチツツジが咲いていました。
見上げるほどの、満開です。
 
Kp_05679_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ブーケのようなモチツツジ花。
 
Kp_05650
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)
 
ぶーんと飛んできて、蜜を吸っていたのは、マルハナバチ?
 
Kp_05704_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)
 
さて、約二週後の5月12日。
場所は変わって、篠山から三田に抜ける、山越えの、くねくねした県道の道端。

もう、モチツツジは咲き終わっているかな?と思っていたのですが、なんと、まだ、満開でした。
こちらは、咲くのが遅かったんですかね?
 
道端の斜面いっぱいに咲いています。
 
Kp_06558
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花の塊の、横からのアングル。
 
Kp_06547_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し見上げて、光に透かして。
 
Kp_06541
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

たまに、通る、車やバイク。
一緒に入れてみました。
 
Kp_06561_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今頃は、ヤマボウシが満開らしいです。
でも、撮りに行けるかどうか。

初夏には、リョウブで、山がクリーム色に染まるかな?
 

| | コメント (0)

ありえない?ツーショット(フジとホオノキ、タニウツギ)

もうひとつ、GWネタを。

今年の4月後半から5月頭は、異常に暑い日が続いて、5月過ぎに咲く花も、軒並み、4月末に咲き始めていました。
そのせいで、普段は見ないような花のツーショットに遭遇しました。

まずは、丹後半島で見た、フジとタニウツギ。

Kp_05320
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

フジは、GW中に咲きますが、タニウツギが咲きだすのは、ふつう、GWが終わったあと、5月半ばごろからです。
それが、4月30日には、もう、咲いていたので、このツーショットになりました。

そして、宝塚市内で見た、フジとホオノキ。

Kp_05559
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、ホオノキと、絡みついたフジの競演です。
ホオノキも、ふつう、5月中ごろから咲く花。
こちらも、4月30日(写真を撮ったのは5月1日)には、このありさま。

さて、花の時期が狂わされた、タニウツギとホオノキですが、5月12日の土曜日、篠山を巡ると、どちらも、まだ、咲いていました。
早くから咲いてしまった早とちりな?個体と、いつもどおり咲いた落ち着いた?個体と、あるんでしょうかね?

| | コメント (0)

ヒトリシズカ

5月になって、暑かったり、急に涼しくなったり、目まぐるしく変わる天候に、体調もおかしくなりそうです。

たくさん撮った写真の整理が追いつかず、まだ、GWネタで、すみません。

さて、GWの後半、5月4日は、兵庫県の蘇武岳に行ってきました。
といっても、林道を車で巡る、楽ちんな花めぐりですが。

さて、林道を登って、標高も800mくらいまで上がったあたり、ヒトリシズガが咲いていました。

にぎやかに咲いているヒトリシズカです。

Kp_05982
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花は1つずつ付けますが、けっこう、にぎやかな株になって咲いています。

変わった形の花です。
真上から見たところが、おもしろい。

Kp_05986
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

まだ、新緑が芽吹き始めたばかりの林のあちこちで咲いていました。

Kp_06001
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さて、5月4日は、とても寒かった日です。
ヒトリシズカを撮っていると、徐々に曇って来て、みぞれ交じりの雨が降ってきました。

気温は、おそらく、5℃くらいまで下がったんじゃないでしょうか。
これまでが暑い日ばっかりだったので、服装も薄着で来てしまい、車から降りて撮影するのも寒くて、ままなりませんでした。

| | コメント (0)

イワガサ

GW前半、滋賀県三国山に登った翌日の4月30日は、丹後方面に行きました。

そこで咲いていた、シモツケの花です。

Kp_05212
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

シモツケの仲間だということは、一目でわかるのですが、その先が難しい。
何シモツケなんだろう?

場所は、海岸からほど近くの、道路の崖。
張り付いて、垂れ下がるように咲いていました。

Kp_05276
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ちょうど満開で、なかなか見事です。

Kp_05252
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

半球状に咲く花は、かわいらしい。

Kp_05295
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いろいろ調べた結果、この花は、イワガサだと思います(変種のタンゴイワガサかもしれませんが)。

こちらは、4年前に、兵庫県丹波市の山で見たシモツケの花です。

K3_03615
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、内陸部、蛇紋岩の山の、岩場に咲いてました。
この時も、何シモツケなのか悩んで、イブキシモツケと結論づけました。

改めて、今回見た花です。

Kp_05264
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

光線のちがいもありますが、それを差し引いても、どこか、ちがいますよね。

岩場に、傘のように咲くので、岩傘。
やっぱり、これは、イワガサでいいんだと思いますが、いかがでしょう?

| | コメント (0)

ムラサキサギゴケ、フキ、ゼンマイ、ハルジオン、キンポウゲ

いやぁ、暑かったですね、4月21日、22日の週末は。
春を飛び越して、もう、夏ですよ。

でも、咲いている花は、春の花たちなので、なんか、違和感、感じてしまいます。

その、暑かった週末は、里山に普通に咲く、花めぐりをしました。

田んぼの畔には、ムラサキサギゴケ。
にぎやかに咲いてました。

Kp_04290
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

畑の土手の、この白い綿毛の実は、フキ。
朝露が、まだ、残っていて、きらきらしてました。
種の茶色とのコントラストも、きれい。

Kp_04327
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

フキの実が、こんなにきれいなんて、迂闊な話、気がついてなかったです。

Kp_04363
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

葉を広げ始めたゼンマイも、朝日を浴びていました。

Kp_04366
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ハルジオン。
昼近くなって、日差しが強くなってきました。

Kp_04427
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

キンポウゲ(ウマノアシガタ)が、風にそよいでいました。
このころの田んぼの畔は、タンポポや、このキンポウゲなど、黄色い花の競演ですね。

Kp_04444
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、暑かった。
この日は、Tシャツ一枚で、撮ってました。

| | コメント (0)

華やぐ林縁(コバノミツバツツジ)

先週末(4月7日)、まだ散っていないサクラを見ようと篠山方面に出かけた時、ドライブする道すがら、コバノミツバツツジが、もう、あちこちで咲いていました。

今週末、雨の予報でしたが、土曜日(4月14日)は夕方くらいまで持ちそうでしたので、まだ、満開に咲いているにちがいない、コバノミツバツツジを見に、近くの里山公園に出かけました。

予想通り、いや、予想以上に、公園の林は、コバノミツバツツジが満開でした。

林の縁を染めるように咲いています。

Kp_04025_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

着いたのは昼過ぎで、もう、日差しはなくなっていましたが、白い空をバックにした写真も悪くないです。

Kp_04028
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

よく手入れされた雑木林も、濃いピンク色に染まっていました。

Kp_04087_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この写真、手を目いっぱい上に伸ばしての撮影です。
この方が、林に満ちる花の姿がよく撮れます。

見上げると、チョウが舞うよう?

Kp_04090_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

空気が湿り気を帯びてきました。
もうじき、降りだしそうです。
コバノミツバツツジの花も、しっとりとした感じに撮れます。

Kp_04141
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し望遠気味に、花だけ狙ってみました。

Kp_04144_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

よく見ると、ツリアブが蜜を吸っています。
写真を撮っているときは、全然、気づきませんでした。

あまり、花いっぱいより、適度な花の塊がある方が、撮りやすいかも?

Kp_04157
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今年は、コバノミツバツツジの当たり年のようです。
まだ、来週末でも、咲いていてくれるかな?

| | コメント (0)

ヤマエンゴサク、ニリンソウ、イチリンソウ

先週の、丹後半島の続きです。

いきなり降ってきたみぞれも小止みになり、ちょっとずつ、日も射すようになってきました。

道端の、ヤマエンゴサク。

Kp_03755_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ヤマエンゴサクは、スギナとセットで咲いていることが多いように思います。

前回のブログにも書きましたが、山の上の方には、雪が残っていました。
珍しい、ヤマエンゴサクと雪とのツーショット(ちょっと、苦しいですが)。

Kp_03865
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いきなりの雪に埋もれたヤマエンゴサクが、雪が解けて、少しづつ、花をもたげているところでしょうね。

ニリンソウも、すっかり、すぼんでしまっています。

Kp_03827_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらも、雪に打たれた後なのでしょう。
すぼんでいると、淡いピンク色が、よくわかります。
これはこれで、かわいらしいですね。

イチリンソウも、少し、丸まっていました。

Kp_03894
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

咲き始めのためでしょうか、ほんのりピンク色がかった花が、とてもきれいです。

夕方が近づくにつれて、ようやく、空も晴れてきました。
あしたは、きっと、日差しを浴びて、花を開かせていることでしょう。

 

| | コメント (0)

トキワイカリソウ、ミヤマキケマン、ホクリクネコノメソウ

4月7日、8日の週末は、ポカポカ陽気だった前の週とうって変わって、冬に逆戻りしたような天気でした。
それでも、8日は、おおむね晴れの予報だったので、丹後半島まで、出かけたのですが…。

いやー、完全に、冬でした。
街中をドライブしていると、急に、みぞれが降ってきましたし、山の方を見たら、真っ白。明らかに雪が降っていました。

それどころか、山に上がってゆくと、昨晩に積もったであろう雪が、そこかしこに残ってました。
陽気に誘われて、いつもの年より、10日ほども早く咲きだした花たちも、困惑顔?

トキワイカリソウが、ちょうど満開でした。
根元に、昨年の葉が枯れずに残るのが特徴ですが、とても良くわかります。

Kp_03652
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

山の中の道端の土手に、けっこう咲いていました。

Kp_03661
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

砂防フェンス脇に、ミヤマキケマンの大きな株が咲いていました。

Kp_03721_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ミヤマキケマンは、石が、がらがらしたような道端に、よく咲いている気がします。
こんな、人工物のそばに咲いていることも多いです。

こちらは、花のアップ。

Kp_03706
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こんな花も、たくさん咲いていました。
後で調べたところ、ボタンネコノメソウホクリクネコノメソウ(サンインネコノメソウと呼ばれるタイプ)のようです。

Kp_03783
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

みぞれに降られましたが、そのおかげで、トキワイカリソウの花にも、ミヤマキケマンの花にも水滴が残って、きれいでした。

<次回に続く>

| | コメント (0)

ショウジョウバカマ、タンポポ、カラスノエンドウ

先週末は、4月末くらいの陽気だったのに、今週末は2月末くらいの寒さ。
遅いサクラを探して、篠山をドライブしていたら、なんと、みぞれが降ってきました。

さて、先週末、タムシバやスミレ類の他にも、この時期にしては早いような花が、いろいろ咲いていました。たくさん撮ったので、まだ、整理しきれてませんが、その中から。

畑の土手には、ショウジョウバカマ。

Kp_02993
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

田んぼの土手には、タンポポ。
枯れ草の間から咲き始めた、カンサイタンポポ。

Kp_03036
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

その隣に咲いていた、これは、セイヨウタンポポと思いますが、やけに、立派な花です。

Kp_03045
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

もう、こんなに咲いているカンサイタンポポも。

Kp_03406
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

バックの車は、私の車です。
道に停めて、タンポポを見上げて撮ろうとしたら、視野に入ってしまったのですが、そのまま、入れてしまいました(^_^)

カラスノエンドウも、咲いていました。

Kp_03471_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今年は、春の花が、10日くらい早いですね。
でも、今週は、ぐっと冷え込んでるから、少し足踏みするかな?

| | コメント (0)

ノジスミレ、かな?

これまで、どちらかというと、敬遠してきた、春先に咲くスミレ。
なぜなら、とんと、見分けがつかないからです。

でも、それではいかん!
と、この週末は、タムシバを愛でつつ、田んぼの土手に咲く、スミレを探して回りました。

今までよく行く場所では、あまり見た記憶がないので、いつもと少しちがった場所の田んぼで、車を停めては、探して見ました。

まずは、31日の土曜日、篠山市の郊外にて。

いやはや、探せば、咲いているものです。
これは、ノジスミレですよね?
側弁(横の花びら)に、毛はありませんでした。

Kp_03015_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ほぼ同じ場所の、別の個体。
これも、ノジスミレかと。

Kp_03055
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し、車で移動した、別の田んぼの土手。
やっぱり、ノジスミレ?

Kp_03072
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

すぐ近くに咲いていました。
葉っぱの様子が違うような。でも、花びらに毛はない。

Kp_03077
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

追記:これは、コスミレのようです。

4月1日の日曜日。
南丹市郊外の田んぼにて。

これも、ノジスミレと思うのですが。

Kp_03448
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

追記:これも、コスミレの可能性が高そうです。

少し、車を走らせた、別の田んぼ。
花付きが良い個体です。これも、ノジスミレ?

Kp_03465
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらも、花付きが良い。色も、少し濃い。
この、少しくたびれた感じは、やっぱり、ノジスミレかと。

Kp_03469
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

私の結論は、4つ目の写真が少しちがう気もしたけれど、ぜんぶノジスミレ、です。

合ってるのかなあ?
皆さま、ご教示くださいませ。

追記:4つ目、5つ目はコスミレかもしれません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧