99.その他

安来のハクチョウ2

続きです。

さて、車で10分ほど移動すると、田んぼの中で餌を食むハクチョウたちがいました。
既に、先客が、2台ほど車を道に停めて、撮影中です。

結構近い距離ですが、ハクチョウたちは、全く動じません。
よく見ると、一羽、ちがう鳥が。
マナヅルです。

Kp_01105_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

餌場を往復するため、飛び立つハクチョウ。
雪は、降ったり、止んだりです。

Kp_01241_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

突如、頭上を横切るハクチョウたち。
とっさにカメラを向けたけど、あせりますね。

Kp_01206_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

飛び立とうとするハクチョウたち。
見ていると、なんとなく、飛びそうな前兆がわかってきました。

Kp_01297_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

幾度となく飛び行く群れを連写で撮るのですが、なかなか、うまくフレームに入らないものです。
この写真、この日、貴重な青空がバックなのに、ちょっと、切れてしまいました。

Kp_01312_1_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

と、一羽の猛禽が。
なーんだ、トビでした。

Kp_01269_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ここからは、この日の、私の、ベストショット。
といっても、大したことないですけど(^^;)

Kp_01319_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

Kp_01331_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

Kp_01335_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

Kp_01339_1_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

お粗末さまでした。
にわか鳥屋さんの私には、これが、精いっぱい。

この日の安来は、とても寒かった。
気温は、ずっと、0度前後だったと思います。時おり強い風も吹いて、体感温度は、冷凍庫並みだったでしょう。
でも、たくさんの写真が撮れて、来た甲斐がありました。

最後に、案内してくれたYさん、車を運転してくれたIさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

安来のハクチョウ1

先週、建国記念日が日曜日に重なった3連休の土、日は、写真仲間と泊りがけで、米子、安来のハクチョウ・ミニオフに行ってきました。
私は、鳥撮りはしろうとなので、今回は、案内してもらうだけの、楽ちんをさせてもらいました。

初日の土曜日は、あいにく、朝から雨降り。
まずは、途中、大山の近くの日野で、オシドリを見ることに。

降り続く雨の中でしたが、観察小屋から、なんとか、オシドリの群れを撮りました。

Kp_00971_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

このあと、メインの観察ポイント、中海のほとりにある、米子の水鳥公園に下見に行って、宿に泊まり、明日早朝の撮影に備えました。

さて、日曜の朝。
雨は上がりましたが、…雪が降っていました。

日の出の頃、水鳥公園に来たものの、雪と風とで、さ、寒い!
ハクチョウたちも、数羽、パラパラ飛び立った以外は、まったく飛ぶ気配なし。

朝食をとって、気を取り直して、安来の、白鳥ロードと呼ばれる、ハクチョウが飛来する水田地帯に向かいました。

居ましたぁ!ハクチョウたちが。
雪が降る中、水を張った水田に、群れて餌をついばんでいます。

Kp_00986_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

時おり、飛び立つハクチョウの姿を追いかけます。

Kp_01055_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

足元の雪の上に、てんてんてんと続くのは、ハクチョウの足跡。

Kp_01035_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

撮影していると、群れが、移動を始めました。

Kp_01044_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

飛び立つ白鳥の数も増えてきて。

Kp_01069_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ふと目をやると、これは、ツグミかな?

Kp_01077_1_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

そうこうしてると、あれれ?
群れがいっせいに飛び立って、飛んでいってしまいました。

Kp_01085_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

白鳥ロードは広い範囲なので、場所を移すことにしました。

(続く)

| | コメント (0)

野花の写真帳 ― 花の二十四節気3

こちらのリンクです。

野花の写真帳 ― 花の二十四節気3

| | コメント (0)

近所の初詣、遠くの初詣

近所の初詣。

最寄りの売布神社。
阪急の駅名になっていますが、小さな神社です。

Kp_00121_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し歩いて、清荒神。
こっちは、関西では、そこそこメジャーです。
参拝客も、いっぱい。

Kp_00124
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

おみやげの、荒神饅頭。

Kp_00126
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

遠くの初詣。

天橋立の智恩寺。
文殊の神様です。

 

Kp_00131
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

廻旋橋が開いて、船を通していました。

Kp_00142_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

名物、知恵の餅。
これを、食べなくちゃ。

Kp_00134
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

鳥取の白兎神社。
そう、因幡の白兎です。

Kp_00174
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

手水舎にあるのは、大国主命の袋に乗った、白うさぎ?

Kp_00168
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

道の駅「神話の里 白うさぎ」の、とうふちくわのお店で売ってる「いかっぴゃく」。
イカの入った、たこ焼き風の天ぷら(さつま揚げ)。
知られざるB級グルメ、かな? おいしいですよ。

Kp_00178
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

| | コメント (2)

ドイツ・クリスマスマーケット大阪

梅田スカイビル下の広場で、ドイツ・クリスマスマーケットが開催されるようになって、早や、16回目だそうです。
本場ドイツのマーケットに比べれば、遥かに、こぢんまりとした催しですが、それでも、なんか楽しくて、今年も、また、妻と、訪れました。

規模は小さいですが、本場のマーケットの雰囲気をよく伝えています(一度だけ、ドイツマーケットに行ったことが、あるんです)。

K1_15869_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

メインの屋台は、ホットワインやソーセージのお店ですが、他にも、お菓子のお店、人形のお店など、いろいろあります。
日本の祭りの屋台とは、趣が違いますね。

K1_15871
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

中央には、ライトアップされた、クリスマスツリー。
今年、神戸では、山から掘りだした、世界一の、自然木のツリーが飾られていますが、わざわざ、大木を掘りださなくても、これで、十分です。

K1_15876
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ホットワインで一息。
と言いたいところですが、飲めないので、中身は、ホットコーヒー。

K1_15885_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いつも、ソーセージは食べますが、最近のお気に入りは、この、揚げ菓子。
ベビーカステラ大のドーナッツ、といったところかな?

K1_15896
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この、メリーゴーランドも、名物です。
実は、かなり古い、歴史あるメリーゴーランドだということを、今年になって知りました。

K1_15905
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ドイツ・クリスマスマーケット大阪、だんだん、年中行事の一つになってきました。
これに行かないと、歳が暮れない気分です。

| | コメント (2)

閑谷学校

11月19日の日曜日、妻と、岡山県の閑谷(しずたに)学校に、行ってきました。

閑谷学校というのは、今から300年前に作られた、日本で初めての庶民向けの学校で、当時建てられた講堂が、国宝に指定されています。
…ということを知ったのは、TV番組「美の巨人」の最近の放送でした。山陽道を通るたびに、「閑谷学校」という看板を何度も目しながら、あまり、よく知っていませんでした。

自宅から、高速を走ること2時間弱、朝9時に、閑谷学校に着きました。
さっそく出迎えてくれたのは、きれいに紅葉した、カイノキ。

K1_14928_3
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

カイノキ(楷木)はウルシの仲間で、もっと、赤く紅葉するみたいですが、黄色~オレンジ色の紅葉も、とてもきれいです。

朝早く着いたので、訪れる人も、まだ、あまりいません。
きょうは、いい天気。でも、かなり冷え込んでいます。

凛としたたたずまいの、築300年の講堂。

K1_14932
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

縁側に上がることができて、中も見られます。
講堂の床はぴかぴかで、特徴ある窓からの光が反射しています。

K1_14955
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、独特の、丸みを帯びた、見事な石組みの石垣。
奥にある、明治に立てられた校舎に向かって、少し登りながら、延々と伸びています。

K1_15023_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今は資料館になっている校舎を見学して、石垣横を戻り、再び講堂へ。

K1_15005
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

だんだん訪れる人も増えてきました。
思い思いに、講堂を見学しています。

K1_15038
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

構内には、神社(閑谷神社)もあります。
神社の床は、亀甲模様。朝日が射しこんでいました。

K1_15074
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

カイノキ越しの講堂。

K1_15083
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

一陣の風に、カイノキの葉が舞っていました。
舞った葉をつかむと願いが叶うとかで、子供たちが夢中で、追いかけていました。

K1_15086
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

帰りしな、泮池(はんち)と呼ばれる池に散ったもみじと、泳ぐ鯉。

K1_15098_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

2時間ほど散策して、閑谷学校を後にしましたが、帰るころには、駐車場は満車でした。
先日のTV放映で人手が増えたのかな?

それほど遠くないところに、こんなに、いい所があったんですね。
季節を変えて、何回も訪れたい場所です。

 

| | コメント (0)

五箇山、白川郷

週末、妻と、富山方面に車で出かけ、茅葺きの合掌造りの集落として世界遺産に登録された、五箇山と白川郷を訪れました。

五箇山は、相倉と菅沼の2つの集落に分かれています。

最初に訪れたのは、相倉集落。
国道の長いトンネルを抜け、少し下ったあと、脇道に入って行くと、山の中に、民話のような世界が広がっていました。

K1_14306
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

曇り空で光がないのが少し残念ですが、朝霧が遠山にたなびいて、メルヘンな感じです。

観光客の人の数もまばらで、思い思いに散策していました。
私たちも、ぷらぷら歩いて、スナップを撮りました。

K1_14334_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

お昼は、相倉と菅沼の集落の間にある、拾遍舎という蕎麦屋で。
ホームページのモデルコースに載っていたお店ですが、あまり、込んでいませんでした。

頼んだのは、名物の、揚げた五箇山豆腐が乗っているかけそば。

K1_14347
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

おいしかった!
蕎麦も、つゆも、もちろん五箇山豆腐も。つゆまでたいらげました。

食後は、お店の近くの茅葺きの家屋、村上家を見学。
ちょうど、説明をしてくれていたところで、民家の成り立ちや、昔は五箇山は流刑地だった話、また、こきりこ節の名調子を聞かせてくれました。

K1_14351
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

なんでも、この家は、築300年以上になるそうです。
かやを葺き替え、葺き替え、風雪に耐えてきたんですね。

次は、菅沼集落に訪れました。
ここは、国道沿から、見下ろせる場所にあります。

K1_14399
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

すぐ近くに、東海北陸道の五箇山インターもできて、交通の便がいいのでしょう、相倉よりは、たくさんの車や人でした。
それでも、ゆっくり散策できる程度の人の数です。

合掌造りの家とはいえ、普通に、地元の方が住んでいる家です。
ここは、子供さんがおられるのでしょうね。

K1_14389_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さて、五箇山集落を見終わって、これで帰ろうかと、カーナビでルート検索すると、五箇山インターから高速に乗らず、しばらく、国道を走っても、かかる時間がほとんど変わりません(国道の方がショートカットしているようです)。

それで、国道を走ってゆくと、あれれ?だんだん、白川郷に近づいている。
時間も、まだ、午後3時過ぎ。せっかくなので、当初は、訪れる予定でなかった、白川郷にも寄ってみることにしました。

着くと、うわあ、車も人もいっぱい。
近くの駐車場は満杯で、離れた駐車場に案内され、シャトルバスで、白川郷集落へ。

シャトルバスを降りて、つり橋を渡ると、集落です。
白川郷は、五箇山より、かなり、規模が大きいですね。でも、きれいに、数軒の合掌造りの民家を撮れる場所は、限られるようです。

K1_14419
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し雲が切れて、夕方の柔らかい光が射していました。

こちらは、中を見学できる合掌造りに入って、屋根裏の窓から見た景色です。

K1_14441
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し、見下ろせるので、見晴らしがいいです。

集落を外れて15分ほど歩いたところに、ビューポイントがありました。
観光パンフなどでよく見る、合掌造り集落を見下ろした写真は、おそらく、そこから撮るのでしょう。
でも、今回は、ビューポイントには行きませんでした。

だんだん、日も陰ってきました。

K1_14457_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

そろそろ、帰らなくては。

それにしても、白川郷は、観光客の多いこと!
五箇山に比べたら、数十倍の人出でしょう。

上の写真は、いかにも、のどかな集落のように撮っていますが、実際は、人だらけ、です。

K1_14459
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

五箇山も、白川郷も、東海北陸道ができて、アクセスが便利になりました。
気が向けば、手軽に訪れられます。

でも、白川郷が、これほどの人出とは。
私は、のんびり散策できる、五箇山の方が好きかな。

| | コメント (0)

植物写真ワークショップ(六甲高山植物園編)

7月8日は、六甲高山植物園で、植物写真家いがりまさしさんの、植物写真ワークショップに参加しました。

もう、何回も参加させていただいているワークショップですが、こういう植物園でのワークショップへの参加は初めてでした。

むしっとする薄雲りの天候の中、ワークショップの始まりです。

こんな曇り空は、光線がやわらかいので、プラス補正した逆光がきれいです。

K1_11977
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

オオヤマレンゲの残り花が咲いていました。

K1_11983
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ヤマブキショウマの群生。植物園ならではの光景です。

K1_11987
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ちょうど、ニッコウキスゲの花盛りでした。

K1_12000
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ハンゴンソウの大きな花。
久しぶりに見たので、名前が出てきませんでした。

K1_12004
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

クガイソウとオタカラコウが、競うように咲いていました。
普通は、あまり見ない光景です。これも、植物園ならでは、ですね。

K1_12010
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

お花畑の中に、ヒメユリが、すっくと咲いていました。

K1_12027
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ぽつぽつと、降ってきたなと思ったら、あっというまに、土砂降りに。
しばし、東屋で、雨宿りです。

アサザ咲く池にも、大粒の雨が。

K1_12035
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

雨は、じきに上がりました。
オカトラノオの群生にも、日差しが当たり始めました。

K1_12043
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

コアジサイは、もう、花が終わってました。
でも、茎の色が紫で、こんなにきれいだったんですね。

K1_12062
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

突然の雨に見舞われましたが、今回も、楽しいワークショップでした。

| | コメント (0)

夜の神戸(KP 体験会)

ペンタックス KPを買いました!

Imgp4716
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

というのは嘘で、19日に神戸で行われた、「PENTAX KP 夜の体験会」の抽選に当たったんです。

新発売のKPは、薄型ボディの、手軽に持ち運べるAPS-C一眼。
高感度に強くなったのが売りで、カメラを貸し出し、夜の街を撮影してもらおうというイベントでした。

私の貸出機に付いていたのは、DA 20-40mm Limited。
自分のレンズを付けても良くて、幾つか持っていったのですが、結局、ほとんど、このレンズで撮りました。

プロの写真家のセミナーや、使い方の説明を聞いて、いざ出発。
でも、午後5時過ぎなので、まだ、明るい。

高速の高架の下を歩きながら、スナップ。

Imgp0150
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

夕日が残っているようで、ビルの反射がきれい。

Imgp0200
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

南京町に着くころ、ようよう、薄暗くなって。

Imgp0276
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いよいよ暗くなってきました。

旧居留地を歩きながら、手ぶれ補正を生かした、手持ちの低速シャッターの試み。
これは、0.5秒です。

Imgp0287
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、1/6秒。

Imgp0309
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

最後は、神戸市役所の展望ロビーから、夜景の俯瞰撮影。

Imgp0352
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

六甲山のKOBEの下の文字は、ISO?
と思ったら、神戸開港150周年の150でした。

手持ちで、夜のスナップが手軽にできる。KP、いいカメラですね。
ひとつ、欲しいかも?

| | コメント (0)

倉敷のみそかつ

総領町のセツブンソウ撮影からの帰り、倉敷に寄ったのは、ここのお店で夕食を取るためでした。
みそかつ「梅の木」です。

K1_07401
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

倉敷でみそかつ?名古屋じゃなくて?

私も、そう思いました。
かれこれ、10年以上前、妻と二人で倉敷を訪れた時、「みそかつ」の看板に惹かれ、入ってみたんです。
すると、出てきたのは、薄い衣に包まれた、油で揚げない、ヘルシーでおいしい味噌カツでした。

以来、岡山方面に出かけた時、帰り道に倉敷に寄っては、ここの味噌カツを頂いています。
といっても、2、3年に一度くらいですけど。

今回は、季節の、特別メニューを頂きました。
写真は、私と妻の2人前です。

K1_07404
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

お皿に並んでいるうち、向かって右側2つが、みそかつ。
左側の2つは、カニクリームコロッケ。これも絶品です。

さて、せっかく倉敷に立ち寄ったので、美観地区を、少し散策することに。
街並みも、すっかり夜景になっていました。

K1_07417
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

月明りと、街灯や建物のあかりが川面に映えて、きれいですね。

K1_07428
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

それにしても、あかりがたくさんあって、人も多い。
と思ったら、「倉敷春宵あかり2017」というイベントをやっていました。

K1_07437
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

2月中ごろから3月中ごろまでの土曜日のイベントで、いろんなあかりを灯して、船も浮かべたりするようです。
いいものが見れて、ラッキーでした。

ところで、今どきのデジカメは凄いですね。
これらの夜景は、全て、手持ちです。ISO感度は10,000前後。
きれいに撮れるものです。

| | コメント (0)