« リョウブは、咲き始めがきれい | トップページ

ヒナノシャクジョウ

数日前、物凄い夕立と共に、長い梅雨が明けました!
でも、ちょっと外出するだけで、在宅勤務ですっかりなまった体には、暑さが応えます。

さて、8月頭の週末、暑くなる前にと、クマゼミがわんわん鳴く中(今年はクマゼミが多いですね)、朝早くに自宅を出て、ほど近い里山を散策し、谷筋でこんな花を見つけました。

Kp_39819_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ちいさな、小さな花、ヒナノシャクジョウです。
この個体は大きい方で、直径1.5cmほどでしょうか。
葉緑素を持たない腐生植物で、このような枯葉が積もった地面のから、ニョキッと全身真っ白な姿を地上に表し、数個から10個程度の花をつけます。
残念ながら、この個体は、咲き終わったか、まだつぼみのようで、咲いている花はありません。

Kp_39833
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

最初、この個体がパッと目に入って、きっと他にもあるはずとあたりを探したら、少し小さめのヒナノシャクジョウが数個ありました。

花が咲いている個体がありました!こちらは、直径1cmほど。
右の、先端が黄色い部分が、開いた花です。

Kp_39871
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

真上から見ると、わかりやすいですね。
右の黄色いのが開いた花、左の茶色いのは咲き終わった花、その他はまだつぼみのようです。

Kp_39883_2
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ここまでの写真は、1日(土)に、手持ちで撮影したものです。
薄暗い林の中なので、おおよそISO1250ほどで、シャッター速度1/20秒ほど。
手ぶれ補正が効いているとはいえ、やっぱり微妙にぶれるし、ピントもすぐズレてしまい、失敗写真の量産でした。

翌2日(日)、三脚と小豆袋(ローアングルのカメラ固定用グッズ)を持って、撮り直しに行ってきました。
こちらが、きのう最初に見つけた、大きめの個体。
やっぱり、三脚や小豆袋を使うとちがいますね。歩留まりが良くなります。ちなみに、ISO640で、シャッター速度は1/10前後。

Kp_39971
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

こちらは、花を付けていた個体。
ん?なんか、ちがう?

Kp_40002
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

4枚目の写真と見比べてみてください。
土曜日に開いていた花はしぼんでいて、日曜日にはその左隣の花が開いていました。
なんと、ヒナノシャクジョウは一日花だったんです。

Kp_40014
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ネットには、ヒナノシャクジョウのブログ記事が、けっこう載っていましたが、一日花に言及していたのは2、3件でした。
どうやら、ヒナノシャクジョウは、一日花が一つずつ咲いてゆくようです。

繰り返しますが、ほんとに小さな花です。

Kp_40023_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ヒナノシャクジョウは、見つけにくいだけで、案外、あちこちに自生があるんじゃないのか?
そう思って、土曜日、近くの里山を、目を皿のようにして探し歩いたんですよ。
ないなあと、あきらめて帰りかけた時、見つたんです。

ひとつ、近所の里山で、林の下を探されてみては?
谷筋の、ジメジメしたところが狙い目ですよ。

|

« リョウブは、咲き始めがきれい | トップページ

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リョウブは、咲き始めがきれい | トップページ