« 百間川 一の荒手 | トップページ | リョウブは、咲き始めがきれい »

樹冠の花模様(ハリギリ、カラスザンショウ)

車を走らせていると、遠目に見える山の樹木の間に、模様のような花が咲いているのが見えて、
あの木はいったい何?と思うことがあります。

そんな花を2題。

一つ目は、丹波篠山の山あいを走っていた時、田んぼの向こうの山で見た、花。
ヤツデのような葉っぱの木が、白っぽいふわふわした花をいっぱい付けていました。

Kp_38837
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

望遠レンズでのアップ。これが、いっぱいでした。

Kp_38835
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

後で調べて、ハリギリとわかりました。


もう一つは、播磨の低い山を縫うように走る広域農道から、ちょっと見下ろした山の中の花模様。

Kp_39513
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

薄緑色の地味な花ですが、ユニークな模様をしています。
こちらも、望遠レンズで、これがせいいっぱい。

Kp_39523
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

帰って調べたら、カラスザンショウでした。

カラスザンショウは、よく見る木ですが、たいていは下から見上げます。
見下ろしたら、こんな風に見えるんですね。


|

« 百間川 一の荒手 | トップページ | リョウブは、咲き始めがきれい »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百間川 一の荒手 | トップページ | リョウブは、咲き始めがきれい »