« ムラサキシキブ | トップページ | ハラビロトンボ »

鶴見緑地遺跡?

7月5日の日曜日は、鶴見緑地公園で、カメラの東光堂さん主催の街撮りツアーでした。
講師は中嶋宏さん。

午前中は、蓮池や風車の丘で、ストロボを活用した、花のスナップ講座。
そして、午後は、花博のパビリオンの跡地へと向かいました。
そこで見たものは?

まるで、古代遺跡を思わせる、朽ちゆく建造物たちでした。

草に埋もれつつある、踊り子のオブジェ。

Gr005048
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

クラゲのような、フレームだけの屋根?

Gr005106
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

草が這う、れんがの壁(モノクロ)。

Gr005153m
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

大理石の床も、隙間から草が。

Gr005084_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

側溝のタイル模様。
どういう意匠だったのだろう?

Gr005104_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

草が影を落とす、タイル模様(HDR強調)。

Gr005103hdr  
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ひょうきんな顔?と思ったら、これは街灯か。

Gr005123
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ヴィーナス像だけは、時を越えて美しい。

Gr005127m
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、ちらは、花咲く丘の上の風車。
調べたら、花博以前に作られたものだそうです。
でも、あれれ?風もないのに一定のリズムで回る羽根。電気仕掛けなのでしょうね。


Gr004975  
(クリックして、拡大画像をご覧ください)


|

« ムラサキシキブ | トップページ | ハラビロトンボ »

61.スナップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムラサキシキブ | トップページ | ハラビロトンボ »