« 裏山ハイク(クロバイ、コバノガマズミ、スノキ) | トップページ | シナアブラギリ »

ウラジロノキ

4月30日に裏山ハイクをした時、少し登ったところで、ウラジロノキを見つけました。
でも、その時は、まだ、つぼみでした。

子供の日の5月5日、そろそろ咲いている頃ではと再び訪れると、ばっちり咲いていました。

Kp_33059
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

花は、バラ科のナシの仲間によくあるタイプの花で、花だけ見たのでは、種類がわかりづらいです。
でも、特徴ある葉っぱで、ウラジロノキとわかります。
(すみません、名の由来である白い葉裏は、写真ではちょっとわかりにくいです)

Kp_33063
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

枝の低いところにも、花が咲いていました。

Kp_33083_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

木全体に、いっぱいの花を咲かせていました。

Kp_33104_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

初夏の青空をバックに、気持ちよさそうです。

Kp_33071
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ウラジロノキは、秋になると、赤い実を付けます。
実の様子は、こちら


連休の頭に満開だったコバノガマズミは、花が散って、赤い軸だけが残っていました。
しばらくしたら、赤い実が生ることでしょう。

Kp_33117
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

アカメガシワの赤い新芽も、展開を始めていました。

Kp_33132
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

 

|

« 裏山ハイク(クロバイ、コバノガマズミ、スノキ) | トップページ | シナアブラギリ »

11.春の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 裏山ハイク(クロバイ、コバノガマズミ、スノキ) | トップページ | シナアブラギリ »