« ハマボウ(和歌山・御坊) | トップページ | トウテイラン、ちょっと遅め »

アキノタムラソウ、オトギリソウ

あまりに暑くて、屋外に出たくありません。
とはいえ、3連休に、全然、花の写真を撮らないのも、と思って、振替休日の12日の早朝、暑くならないうちに、近場の田んぼあたりを巡って来ました。

この時期、目立って咲いていたのは、アキノタムラソウです。
田んぼの横の土手に、点々と咲いていました。

どれも、草丈があまり高くないので、一度は、草刈りにあっているのでしょう。
当たり始めた朝日が当たって、輝いています。

Kp_24398
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

草刈りにあっても、すぐに伸びて、花を咲かせられるから、アキノタムラソウが田んぼの周りにいっぱいあるんでしょうね。

Kp_24488
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

田んぼと、遠くの山を背景に。
でも、ここらの田んぼは、ほとんど電気柵で覆われているので、それが写ってしまいます。

Kp_24438
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、アキノタムラソウの傍らには、小さな、黄色い花が咲いていました。
オトギリソウの花です。

Kp_24462
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

秘密の薬草であるこの草のことを教えてしまった弟。その弟を怒った兄が切り殺したことから、弟切草の名を持つ花です。
なんとも、凄い名を付けられた花ですが、かわいい黄色い花です。

Kp_24427
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

日が少し高くなってきました。もう、すでに、暑い。
早々と撤退しました。

 

|

« ハマボウ(和歌山・御坊) | トップページ | トウテイラン、ちょっと遅め »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマボウ(和歌山・御坊) | トップページ | トウテイラン、ちょっと遅め »