« ユキモチソウ、シコクカッコソウ | トップページ | ヤマシャクヤク »

光を撮る(ヤマブキ、シャガ)

連休の終盤は、兵庫県北部や、近所の里山で花巡りしました。

兵庫北部の蘇武岳周りの渓谷では、ヤマブキやシャガなどの花が咲いていました。
今回、光が印象的な写真が撮れたので、ちょっと、気取ったタイトルに。

花の写真を撮るのに最も適した天気は、うす曇りでしょう。
柔らかい光がまんべんなく回り、どの角度で撮っても、花がきれいに撮れます。
小雨が降っていると、水滴が花を引き立てて、なおよいかもしれません。

晴れた日、日差しを受けた花は、目で見る分にはきれいなので、写真もきれいに撮れそうですが、案外難しいのです。
光をうまく捉えるかどうかで、出来栄えが全然ちがってきます。

渓流そばの斜面で、木漏れ日を受けたヤマブキが咲いていました。
花の一部に光が当たっています。

Kp_21685
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

全体的には、ヤマブキの花には光があまり当たっておらず、後ろの斜面に光が当たっている状態です。

Kp_21681
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

こちらは、滝のほとりの、ヤマブキ。
枝の半分くらいに光が当たって、かなりコントラストがついています。

Kp_21696_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

この頃、里山をドライブしていると、スギ林の下に咲くシャガをよく見ます。
微妙な木漏れ日が当たっている群生があったので、ちょっと車を停めました。

シャガは、きれいな花ですが、写真に撮ると、何だかもう一つ物足りない感じになってしまうことが多い花です。
ちょうどいい具合に、斜めから木漏れ日が当たっていました。

Kp_21792  
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

光の当たっているところといないところでは、目で見た以上にコントラストがつきます。

Kp_21797
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

光のお蔭で、花の立体感が際立ちます。

Kp_21775
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

このような光のコントラストがついた写真は、フィルムだと、もっと極端になって、とても写真にならなかったかもしれません。
でも、デジタルになって、オートでハイライト補正、シャドー補正をしてくれるようになったので、これはどうかなあ?と思えるシーンでも、なかなか、おもしろい写真が撮れるようになりました。

|

« ユキモチソウ、シコクカッコソウ | トップページ | ヤマシャクヤク »

11.春の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユキモチソウ、シコクカッコソウ | トップページ | ヤマシャクヤク »