« 街撮り(大正内港) | トップページ | 古木のソメイヨシノ »

奇跡の道端は残った(ニリンソウ、ミヤマキケマン、ヤマルリソウ、他)

3年前、「奇跡の道端」のタイトルで、丹後半島の、とある山道の斜面に咲き競う花を紹介しました。
ほんの数十メートルほどの短い幅の中に、ニリンソウやミヤマキケマンなど、いろんな花が咲く、それは素敵な道端でした。
ところが、道路の拡張と護岸工事が始まって、ここの道端のお花畑も、先行きが危ぶまれる、という内容のブログでした。

あれから3年経ち、あの奇跡の道端はどうなっているのだろう?

道端のお花畑は健在でした!
ミヤマキケマン、ニリンソウ、ヤマルリソウの3色が、競うように咲いています。

Kp_20537
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

イチリンソウ、ニリンソウのそろい踏み。

Kp_20510
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ニリンソウと傍らのミヤマキケマン。

Kp_20521
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

ヤマルリソウとミヤマキケマン。

Kp_20581
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

北向き斜面なので、あまり光は射しません。
かすかに、木漏れ日が、ニリンソウに当たっていました。

Kp_20567
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

再び、ミヤマキケマン、ニリンソウ、ヤマルリソウの競演。

Kp_20552
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

他にも、オオタチツボスミレ、コンロンソウなどの花が咲いていました。

結局、工事されたのは沢側の斜面だけで、山側の斜面は手付かずで残されました。
まさか、ここに、花がたくさん咲くことを知っていて、あえて、手を付けないように工事をされた?
だとしたら、素敵なことです。

工事された沢側の斜面も、何年かしたら、ニリンソウなどが再び進出して、ニリンソウ咲くせせらぎが復活してくれるかもしれません。
先の長い話ですが、時々訪れて、気長に見守って行こうと思います。

|

« 街撮り(大正内港) | トップページ | 古木のソメイヨシノ »

11.春の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街撮り(大正内港) | トップページ | 古木のソメイヨシノ »