« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

カタクリ(西播磨)

3月最後の週末は、天気にはあまり恵まれませんでした。
31日の日曜日、晴れるには晴れましたが、寒の戻りで、風が冷たい。
それでも、西播磨(兵庫県南西部)の佐用町に、カタクリを見に行きました。

佐用町には、公開しているカタクリの自生地が3か所あります。
まずは、弦谷(つるたに)の自生地。散策道が整備され、シカ除けの策に囲まれた、斜面に咲いていました。

斜面全体に花はたくさんありましたが、やや、ピークを過ぎた感じ。
寒さのせいで、あまり開いてはいませんでした。

それでも、まとまって開いているところや、かわいく一輪咲いている花もあります。

Kp_19650
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

Kp_19659
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

雲が流れて、日が射したり、曇ったり。
やっぱり、日が射した時の方が、印象的です。

Kp_19680
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

2か所目は、東徳久(ひがしとくさ)の自生地。
こちらも、シカ除けの電気柵に囲まれた斜面でした。

Kp_19683
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

全体には、こじんまりとした群落ですが、けっこう密度の濃いところもあります。

Kp_19687
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

Kp_19702
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、3か所目は、上石井の自生地。
他の2か所よりも、山に入ったところにあります。
ここも、シカ除けの柵に囲まれていました。

ところが、ここは、まだつぼみで、一つも咲いていませんでした。
一週間ほど遅いようです。
代わりに?ミツマタがたくさん咲いていました。

Kp_19719_1
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

仕方のないことですが、どこも、シカ除けの柵の中の群落でした。
でも、柵まで作って、守ってくれる地元の方のお蔭で、カタクリの花を見ることができます。
ありがたいことです。

 

| | コメント (0)

アセビ

この週末(3月16日、17日)は、雨がぱらついたり、日が射したり、と思ったら、また、雨がぱらついたり、不安定な天気でした。

春先に咲く花の多くは、日が当たらないと、花を開いてくれません。
土曜日、とりあえず、篠山方面に出かけたものの、やっぱり、重い空です。
きょうは、花はダメだなあと思いながらも、車を走らせていると、道路に面した山の斜面のあちこちで、アセビが咲いているのに目が止まりました。

よく見ると、個体ごとに、ちょっとずつ、花の感じがちがうんですね。
この花は、先の方がほんのりピンク色に染まっていて、きれい。

Kp_19547
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、びっしりと花を付けた、咲き始めの花。

Kp_19593
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

塊になって咲いています。

Kp_19604
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花は白いけど、花枝が、かなり赤みがかった花。

Kp_19611
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、花枝に赤みが全くない、白い花。

Kp_19566
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

咲き始めが早かったようで、こんなに、花枝が伸びきった花も。

Kp_19572_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花付きはよいですね。

Kp_19570_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

どうやら、今年は、アセビの当たり年?

| | コメント (0)

鉢植えのシクラメン2019

昨年も紹介した、我が家の、鉢植えのシクラメン。
我が家に来て12年目の今年は、とても立派な姿になりました。

Kp_19634
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

窓際の、日当たりの良い場所に置いています。

夏場は、自生地では乾季に当たるので、地上部は枯れています。
その間は水やりを控え、芽が出始める秋から、再び水をやり始めます。
どうしても、日の入る窓側の方に傾いて延びるので、時々、鉢を回転させて、日がまんべんなく当たるようにしました。
今年は、とてもうまく育ち、きれいに葉っぱも展開し、花もたくさん付けてくれました。

Kp_19638
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

去年の姿は、こちら
今年の方が、ひとまわり大きくて、花もたくさん付いているのがわかります。

水を切らさないように注意すれば、5月半ばくらいまで、きれいに花を咲かせ続けてくれます。

| | コメント (0)

倉敷 春宵あかり

9日土曜日、アテツマンサクとミチノクフクジュソウを訪れたその足で、倉敷に向かいました。

 

 

 

ミチノクフクジュソウの咲く広島県庄原市の為重地区から倉敷市は、地道を通って2時間弱。
でも、ちょっと遠回りをして帰ると思えば、そんなに遠くありません。2年前も、同じように倉敷に寄りました。

倉敷に着いたのは午後5時ごろ。
少し美観地区を散策して、ちょっと早いですが、まずは夕食を。そう、みそかつの店、「梅の木」です。

今回も、春限定の特別メニューを頂きました。

Kp_19324
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


独特の、油で揚げないかつがおいしいのは言うまでもなく、カニクリームコロッケも絶品です。

食後は、暗くなった、倉敷美観地区の散策。
春のこの時期の週末は、「春宵あかり」というイベントをやっています。

Kp_19332
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


ライトアップされた和傘を柳越しに。

Kp_19342
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


これは、子供たちが願いを書き込んだ、あかり。
ろうそくかと思いきや、光の色が徐々に変わってゆく? なんとLSDなんですね。

Kp_19365
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


見上げると、屋根の上には、三日月。

Kp_19369_1
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


照明がほのかに当たっている大きな木は、ナンキンハゼでしょうか。

Kp_19392_1
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)

 

 



手前の枝と奥の枝が、線香花火のよう。

Kp_19397_1
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


お堀には、コブハクチョウがいました。
いつも、いるみたいです。

Kp_19417_1
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


お堀は、ものすごく暗かったんですが、写るんですね、今どきのデジカメ。
データを見たら、ISO25600でした。

帰宅したのは10時半ごろ。
たっぷりと堪能した、春先の休日でした。
…疲れた。

<終わり>

| | コメント (2)

ミチノクフクジュソウ(為重)

岡山県新見市から、ミチノクフクジュソウの自生する広島県庄原市までは、高速で1時間足らず。
為重地区のミチノクフクジュソウ自生地に着いたのは、12時の少し前でした。

ところが、メインの群落のあたりは、日が当たりだして間もないようで、やっと開き始めたところです。
まずは、日当たりの良い場所にぽつぽつと咲くフクジュソウから撮り始めました。

Kp_19207
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

のどかに、点々と咲いています。

Kp_19225
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

クリの落ち葉の間から、顔をのぞかせて。

Kp_19242
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

土手の上、見上げるところに。

Kp_19261
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

昨年の夏は、広島、岡山で豪雨に見舞われましたが、ここ、為重地区も例外ではなかったようです。
自生地の土手が数か所崩れており、通行止めになっていました。

Kp_19217
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この土手は、2年前、見事な群落が咲いていたところです。
拙ホームページ「野花の写真帳」の、今年の3月のカレンダーは、まさにこの場所の群落でした。

花が少ないのは崩れた影響ではなく、時期が早いせいで、最盛期にはもっと咲くと思います。
でも、土手を復旧しても、以前のような群落が復活するには、数年かかるでしょうか。

メインの群落も、花が開きました!

Kp_19278_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

訪れる客の数も増えてきたようです。
皆さん、花が咲きだす時間を知っているんでしょうね、きっと。

Kp_19284
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今は3分咲き、といったところ。満開になるのは、来週の週末あたりでしょうか。
でも、これくらいの時期の方が、かわいらしい姿と思います。

Kp_19310
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)


アテツマンサク、ミチノクフクジュソウを堪能して、帰途につき…ません。
次の目的地に向かいました。

<次回に続く>

| | コメント (0)

アテツマンサク(新見・まんさく園)

9日の土曜日、気持ちよく晴れた穏やかな日でしたが、朝、とても寒かった。
3月だというのに、車に霜が降りていました。
それでも、予定通り、妻と岡山、広島に出かけて、アテツマンサクとミチノクフクジュソウを見てきました。

中国道を西に向かうも、高速脇に見える田んぼには、霜が降りています。
最初の目的地、岡山県新見市にある、私設まんさく園の最寄りのインター(大佐IC)を出たのは9時半ごろでしたが、それでも、まだ、日陰の畑には霜が降りていました。

でも、アテツマンサクは、満開でした。

Kp_19081
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

病気にやられて、日本中のマンサクが花を付けなくなり、数も減らし始めたのは、10年以上前になるでしょうか。
中国地方特有のアテツマンサクも例外でなく、山の自生はことごとく壊滅。

まんさく園でも、花を付けている個体は1割程度との新聞の記事を見て、心配していましたが、来てみると、思ったよりたくさんの花が咲いていました。

きょうは、快晴。
青空に、黄色の花が映えます。

Kp_19088
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花のアップ。花の中心部が赤くなくて、黄色いのがアテツマンサクの特徴です。
時々、実の殻が残っている木もありました。

Kp_19105
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ここは、柴田さんという個人の方が管理している私設の公園で、誰にでも、無料で解放してくれています。
公園といっても、裏山の一角に自然な感じで植えられており、散策路を巡って観察できます。
おかげで、間近に見ることができ、こんな、広角の写真も撮れます。

Kp_19120_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

写真を撮りながら園内巡っていると、柴田さんが、消毒して、歩かれていました。
御年80歳にもかかわらず、こうして、日々、世話をしてくれているお蔭で、満開のマンサクが見られるんです。

少し色の濃い花もありました。

Kp_19131
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

飛行機雲がたなびく青空に咲く、大きなマンサクの木。

Kp_19159
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

アテツマンサクの他にも、ここには、いろんな木々や花々が、自然な環境で植えられています。

あちこち、花の撮影に出かけると、こんな、有志の方のお蔭で、守られている花がけっこうあります。
とても、ありがたいことです。

ひとしきり撮影して、後ろ髪引かれながらも、次の目的地、ミチノクフクジュソウ自生地に向かいました。

<次回に続く>




| | コメント (0)

伊丹で飛びもの2(昆陽池公園、伊丹昆虫館)

近くのラーメン屋で遅めの昼食を取って、オフの一行は、昆陽池(こやいけ)公園に向かいました。

 

 

 

まずは、公園内にある伊丹昆虫館へ。
昆陽池公園には2度ほど来たことがありますが、昆虫館は初めてです。

目玉は、チョウが舞う巨大な熱帯温室。

 

 

オオゴマダラほか、いろんなチョウが、飛んだり、羽を休めたりしていました。

 

 

 

Kp_18914
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)

 

 

 

 

 

飛びまわるチョウの写真を撮りたかったのですが、難しいですね。

 

温室には、ヒスイカズラの花も咲いていました。

Kp_18942
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


この花を、植物園の温室で初めて見たのは、かれこれ25年ほど前。
なんだ?この色は?緑の花なんて、ありえない!
その時の驚きと興奮は、今でも覚えています。

その後、各地の温室で、何回か見ました。
極めて珍しい色の花なので、どこの温室でも植えられるんでしょうね。

珍しい昆虫の展示もたくさんありました。
これは、コノハムシ。
大きいのがメスで、小さい茶色いのがオスです。

Kp_18908
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


最初、ちっちゃいオスに目がいって、しばらく、このメスがいるのに気づかなかったんですよ。

昆虫館を出ると、閉園まであと1時間ほど。
池にいる鳥たちを見ながら、ゆっくりと帰途につきました。

カモ。

 

 

 

Kp_18957
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


ヌートリアに気が立っている、ハクチョウ。

Kp_18984
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)

 

 



羽を休めるハクチョウ。

Kp_19011
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


カラスも撮ってみたり。

Kp_19024
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)

 

 



湿地で、餌を狙うアマサギ。

Kp_19038
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


後半は、飛びものと言いながら、全然、飛んでないですね。
飛行機とちがって、動物の飛んでる姿をカメラに納めるのは、難しいです。

<終わり>

 

 

| | コメント (0)

伊丹で飛びもの1(伊丹スカイパーク)

3月最初の土曜日は、琵琶湖でハクチョウを撮るミニオフの予定だったのですが、この暖かさのせいで、肝心のハクチョウさんが北へ飛び去ってしまいました。

 

そこで、予定を変更して、伊丹で飛行機や、水鳥や昆虫を撮りに行きました。

 

 

 

当日、とろんとした穏やかな日になりました。
空港わきには、いつの間にか、伊丹スカイパークという立派な公園ができてたんですね。

 

以前、伊丹空港オフをしたのは、もう、10年以上前。その時は、何もなかったのに。

 

さて、久々の飛行機の撮影です。

 

 

 

Kp_18645
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


次々と、離発着する飛行機。

Kp_18757
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


ミッキーマウスが降りて来ました。

Kp_18766
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


ディズニーランド35周年機。

Kp_18784
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


公園のテラスから下を見ると、スズメたちが芝の実をついばんでいました。

Kp_18743
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公園から、滑走路の端のポイントに移動。
ここも、近くに駐車場ができて、行きやすくなっていました。

Kp_18830
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


日々、みんなのワクワクを乗せて、飛行機は飛んでいるんだなあ。

Kp_18855
(クリックして、拡大画像をご覧く
ださい)


午後は、昆陽池公園に移動しました。

 

<次回に続く>

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »