« ヤマラッキョウ群生 | トップページ | 黄葉(イタドリ、アカメガシワ、ジャケツイバラ) »

紅葉(ヌルデ、ヤマコウバシ)

11月とは思えない陽気が続いていますね。
そんな、気持ちのよい11日の土曜日、篠山方面の里山をぐるりとドライブしてきました。

今年は、2度の台風に見舞われ、木々の葉っぱも傷んでしまい、紅葉も今一つと思われます。
それでも、道端の山の斜面のところどころで、赤や黄色に染まり始めている葉っぱは、思いのほか、きれいでした。

この日、いちばんに目立ったのは、ヌルデです。
秋の青空に透かして見るヌルデの、なんて、鮮やかなこと。

Kp_14887_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ヌルデは、葉っぱの軸にヒレがあるのが特徴で、一目でそれとわかります。
その、ヒレも、真っ赤に。

Kp_14891
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ペンタックスのカメラは、実のところ、赤が見た目以上に鮮やかに写ります。
なので、ちょっと、誇張された色ではあります。

Kp_14909
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、本当にきれいな紅葉です。

こちらは、緑から赤に変わりかけのヌルデ。

Kp_15117
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ツートンカラーのヌルデも、きれいですね。
中ほどには、実も生っています。

ヌルデ以外にも、オレンジ色に紅葉した木がありました。
真っ黒な実が生っています。

Kp_15170
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、まったく何の木か、わかりません。
帰ってから図鑑で、片っ端から探してゆくと、ありました、どうやら、ヤマコウバシという木のようです。

こちらは、順光で撮ったヤマコウバシ。

Kp_15179
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

紅葉は、逆光がきれいなので、見栄えのする写真を撮ろうとすると、どうしても逆光になりますが、植物の様子がわかるようにするには、順光の方がいいですね。

さて、山の木々は、鮮やかな黄色に染まって、「黄葉」しているものもありました。
<次回に続く>

|

« ヤマラッキョウ群生 | トップページ | 黄葉(イタドリ、アカメガシワ、ジャケツイバラ) »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

綺麗ですね〜!
ヌルデ?あ、ひれがある(笑)面白いですね。
青空に赤や黄色の景色も好きですが、
後ろから2番目の色味も
落ちついていて好きですねぇ

投稿: Chie | 2018年11月12日 (月) 15時58分

こんばんは。
ヌルデは、葉っぱの軸にヒレがあるので、わかりやすいです。
紅葉も鮮やかですが、ウルシの仲間なので、山で見かけても、むやみに触らないでくださいね。
かぶれる恐れがあります(^^;)

穏やかな赤みの紅葉もいいですね。
いろいろな木が色づきますが、名前がわからないものが多くて。
ヤマコウバシの名前は前から知っていましたが、まだ、名と体(木)が一致しません。

投稿: ほととぎ | 2018年11月13日 (火) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマラッキョウ群生 | トップページ | 黄葉(イタドリ、アカメガシワ、ジャケツイバラ) »