« ノコンギク | トップページ | ヤマラッキョウ群生 »

ヨメナ群生

土曜日と重なった文化の日、気持ちよく晴れて、過ごしやすい天気です。
いつもとちがう道を走っていると、道路わきの田んぼのあぜ道が、野菊で溢れていました。

車を停めて、近づいてみると、ヨメナでした。
秋晴れの空の下、気持ちよさそうに咲いています。

Kp_14478
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

あまりにたくさんの花があると、かえって、どこをどう撮ったものか、悩んでしまいます。
とりあえず、花がきれいに平面に並んでいるところを探して、少しアップ気味に。

Kp_14487_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

でも、やっぱり、群生としてとらえたくなります。
雲がポカポカ浮かんだ空も、背景に入れたい。

Kp_14481
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

群生の様子がわかるようにも撮りたい。

Kp_14496
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

逆光の姿も、捨てがたい。
太陽を向いて咲いているので、どうしても、花の後ろ側からになってしまいますが。

Kp_14536
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

状況写真です。
こんな感じで、本当に、道端に咲いていました。
ヨメナがこんなにまとまって群生しているのは、珍しいのではないでしょうか。初めて見ました。

Kp_14556
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

くしくも、前回に続いて、野菊の写真になりました。
前回はノコンギク、今回はヨメナ。

両者はよく似た花ですが、ノコンギクには冠毛があり、ヨメナにはないので、咲き終わって実になり始めた花を見れば、簡単に見分けがつきます。
白髪頭がノコンギクで、イガグリ頭がヨメナです。

そうやって一度見分けがつくと、あら不思議、花だけで見分けがつくようになります。
言葉での説明は難しいんですが、何というか、顔つきがちがうんですよ。

さて、この日は、もう一つ、びっくりする様な群生を見ました。
それは、次回に。

|

« ノコンギク | トップページ | ヤマラッキョウ群生 »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノコンギク | トップページ | ヤマラッキョウ群生 »