« キバナアキギリ、アキチョウジ | トップページ | 秋の三瓶山(2) 雲海 »

秋の三瓶山(1)

三瓶山に訪れたのは、2年半ぶりになります。
今回は、秋の真っただ中の10月7日~8日。紅葉には、ちょっと早い時期です。

思ったより雨が残っていた1日目。
まずは、三瓶バーガーで昼食。

Kp_13263
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

以前より質が落ちたというグルメサイトの投稿があったので少し心配していたのですが、そんなことはありませんでした。
ただ、コーヒーが以前はマグカップだったのが、紙コップになっていました。経費節減なんでしょうね。

雨模様の今日は、博物館巡りにしました。
久しぶりに訪れた(確か、今回が2回目)、小豆原埋没林公園。

Kp_13272
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

昔、火山の噴火による大規模な山崩れで、巨木の森が土砂に埋もれてしまいました。
今は、田んぼになっていたその場所を掘り返して、埋もれていた巨木を展示している、地味な施設です。

このあと、三瓶自然館サヒメルに寄りました。
窓越しに、水浴びをする小鳥たちを見ることができる場所があるのですが、天気がよくないせいか、残念ながら、小鳥はやってきませんでした。

宿は、いつもの国民宿舎三瓶荘に、早めのチェックイン。
おいしい料理と、温泉で、明日の英気を養いました。
2日目は、朝から晴天でした。
さっそく、いつものコース、東の原からリフトに乗り、室の内火口跡へ。

池のまわりが、秋色になりつつありました。

Kp_13622
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

真っ赤な実を目いっぱい付けているのは、ズミの木です。

Kp_13586
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

リフト降り場近くの展望所より望む、男三瓶(最高峰)~子三瓶。

Kp_13696
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

かつては、東の原はスキー場でしたが、今はスキーの営業はしておらず、リフトも登山専用になっているみたいです。

Kp_13708
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

なんと、ほとんど放置されていたスキー小屋が改装され、オシャレなワイナリーになっていました。

Kp_13715_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

中の醸造設備は、まだ、設置工事中。
すぐ近くの、以前は菜の花畑だったところが、ブドウ畑に変わっていました。
どうやら、これから、醸造が始まるみたいです。
うまくいくといいですね。

山麓の道路をぐるっと回って、西の原の草原。
のどかに、思い思いに楽しむ人たち。

Kp_13724
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

いつ来ても、三瓶山は、ほっとします。
私たち夫婦の、第2の故郷みたいな存在になりつつあります。

ところで、今回は、これまでには見られなかった景色を堪能することができました。
それは?
<次回に続く>

|

« キバナアキギリ、アキチョウジ | トップページ | 秋の三瓶山(2) 雲海 »

21.山紀行」カテゴリの記事

コメント

三瓶山!ほととぎさんよく行かれるんですね。私が高校1年の入学直後にオリエンテーションとやらで強制的に登らされたしんどい想い出しかないところですぅcoldsweats01
確かキャラバンシューズ、今はトレッキングシューズと言いますが、それと黄色いヤッケが恥ずかしかった。今はウインドブレーカーと言いますが、それらを学校から指定されて買わされて。
母校は箕面なんですが観光バスで何時間もかけて連れて行かれてcoldsweats01
今はオシャレになってるんですか。ハンバーガーなんて当時ありつけるわけもなくcoldsweats01
ああ〜遠い目coldsweats01

投稿: Chie | 2018年10月14日 (日) 12時07分

Chieさん、

おやおや、三瓶山には、あまり、いい思い出が無いんですね。
キャラバンシューズ!懐かしい。学生のころ、山登り用に、私も買いました。くすんだ青色のレインシューズみたいなやつですよね。

三瓶山に行っても、いつも、リフトです。
あまり、まじめに登っていません。
一度だけ、下から登ったんですが(といっても、4番目に高い峰)、しんどかった。

三瓶山は、一度さびれて、また、最近、復活し始めたように思います。
いつも、国民宿舎三瓶荘に泊まりますが、温泉も、食事もいいですよ。
それより、何より、関西の観光地と比べたら、人口密度が低くて、のんびりできることです。

投稿: ほととぎ | 2018年10月14日 (日) 21時16分

国民宿舎というと昔の寂れた感じを思い浮かべますが、今は綺麗でリーズナブルですね。私も人混みがダメなのでこういうのんびりしたところで静かに過ごしたいです。登るのは、リフト付きじゃないとねcoldsweats01
ちなみに高校2年の時が修学旅行で信州・唐沢岳でした。
ここも登山でcoldsweats01三瓶山以上にしんどすぎて記憶が無いです。
キャラバンシューズとヤッケを有効に活用している、
ぢゃなくて体育教師の差し金に違いない。

投稿: Chie | 2018年10月16日 (火) 11時48分

Chieさん、

国民宿舎にもよりますよ。
さびれてるとこは、しっかり、さびれてます。
はやってるとこと、さびれてるとこと、二極化してるかも。

修学旅行も登山とは、ごくろうさまでした(^^;)
私の高校の修学旅行は、普通に、高山・能登への旅行でした。なぜか、修学旅行と言わず、校外学習って言ってましたけど。
次の年からスキーになりました。ぎりぎり、旅行で助かったと思ってます。

投稿: ほととぎ | 2018年10月16日 (火) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナアキギリ、アキチョウジ | トップページ | 秋の三瓶山(2) 雲海 »