« ヒゴタイ | トップページ | 出石のミズアオイ »

ちょっと変わった赤い実(ツチアケビ、ヤマボウシ)

初夏のころ、自宅から、ほど近い林で出合ったツチアケビ。

寄生植物の不思議なランの花ですが、8月最後の週末、どうなったかなと、様子を見に行きました。
こんな姿になっていました。

Kp_11754_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

真っ赤な、房のような実。
そう、この実こそが、「土あけび」の名の由来です。

地面から生える茎に鈴なりのアケビのような実。アケビに似ているか?といえば微妙ですが、でも、とてもインパクトのある姿です。

Kp_11760
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

実のアップです。
アケビと言うより、唐辛子に似てるかな?

Kp_11776
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)


さて、ツチアケビの花を見つけた時より1か月ほど前、その林や、近くの里山公園では、ヤマボウシが、涼しげな白い花をいっぱい付けていました。
その様子はこちら。

ヤマボウシのその後も、気になっていました。
まだ、実の時期には早いかなと思いましたが、もう、赤く、色み始めていました。

Kp_11791
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらも、木の実にしては、変わった形の実ですよね。
でも、この実、食べられるんですよ。

Kp_11833_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今年は、花付きがよかったので、実もたくさんあるだろうと思っていましたが、予想通りです。

Kp_11810
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

1か月くらい経ったら、実も熟して、食べられるようになっているかな?
また、様子を見に行こうと思います。

|

« ヒゴタイ | トップページ | 出石のミズアオイ »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒゴタイ | トップページ | 出石のミズアオイ »