« 「2017年 ブログ仲間の年忘れ写真展」のお知らせ | トップページ | ドイツ・クリスマスマーケット大阪 »

シオギク

前々回の記事と日付が前後しますが、飛び石連休の11月24日は、会社が休みでした。
少し遠出をして、徳島県の海岸まで、行ってきました。

見たかった花は、シオギク。
栽培するキクに近い仲間ですが、舌状花(花びらに見える花)がなく、黄色い坊主頭のような花が特徴です。

目的地に着いて、海岸沿いを歩くと、さっそく、シオギクが出迎えてくれました。

K1_15334_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

磯に、広がる、シオギク。

K1_15294_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

きょうは、穏やかないい天気です。
低い位置からの、青空バックのシオギクも、いいですね。

K1_15281
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

風もない磯で撮影していると、たっぷり着こんでいたので、暑くなってきました。
真上からの、シオギク。模様みたいですね。

K1_15255_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

海岸に咲く花は、やっぱり、海をバックにしたいです。
実は、これが、案外難しいのですが、なんとか、いい位置に咲いていてくれました。

K1_15345
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

たくましく、磯のガレ場に咲く、シオギク。
心行くまで、撮影しました。

K1_15264
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

おまけ。
ハマアザミです。意外と花期が長くて、こんな晩秋でも、咲いています。

K1_15259
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

さて、シオギクの仲間は、紀伊半島から東海、関東の太平洋側に分布し、紀伊半島のものはキイシオギク(キノクニシオギク)、東海以東のものはイソギクに分類されています。
どれも、姿だけ見ると、よく似ていて、私には区別がつきません。

ちなみに、四国の西半分から九州にかけては、アシズリノジギクが分布しています。
アシズリノジギクは、白い舌状花があり、かなり見た目がちがいます。
四国の東西で、シオギクとアシズリノジギクと、同じような環境なのに、きれいに棲み分けているのは、不思議です。

|

« 「2017年 ブログ仲間の年忘れ写真展」のお知らせ | トップページ | ドイツ・クリスマスマーケット大阪 »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「2017年 ブログ仲間の年忘れ写真展」のお知らせ | トップページ | ドイツ・クリスマスマーケット大阪 »