« 初秋の石鎚山2(レイジンソウ、ミソガワソウ、他) | トップページ | アケボノシュスラン »

故郷のヒガンバナ

秋分の日が重なった週末、妻と、愛知県に帰省していました。
本当は、1週間前の3連休に帰る予定だったのですが、台風と重なってしまったので、1週間延期したんです。

結果的に、ヒガンバナの咲く季節の帰省となりました。
生家に向かう道すがら、田んぼのあちこちで、赤い花が点々と咲いています。

生家のほど近くに、密度の濃いところがあったので、翌朝、行ってみました。
着くと、ちょうど、山の端から、朝日が昇ってくるところでした。

K1_13976
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

満開のちょっと前、いちばんきれいな状態です。
でも、密度が濃すぎるくらい。

K1_13986_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

波打つ、赤、赤、赤。

K1_14005
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

見上げた角度も撮りたくなります。
斜面だったので、苦労せず、撮れました。

K1_14016
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

お彼岸には、やっぱり、ヒガンバナが似合いますね。
ここ何年かは、厳しい残暑のせいで、遅れがちの年が多かったですが、今年は、ばっちり、お彼岸に咲いてくれました。

さて、ひとしきりヒガンバナを撮った後は、今回、いちばん見たかった花を目指して、山に分け入りました。

<次回に続く>

|

« 初秋の石鎚山2(レイジンソウ、ミソガワソウ、他) | トップページ | アケボノシュスラン »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の石鎚山2(レイジンソウ、ミソガワソウ、他) | トップページ | アケボノシュスラン »