« 春が遅い(ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ) | トップページ | 南限のミズバショウ »

イソスミレ、アナマスミレ、ハマハタザオ

うかつにも、海岸に咲くイソスミレが、近畿の日本海側にも分布があるのを知ったのは、去年のことでした。

その時、既にスミレのシーズンはすんでおり、やっとやってきた、2017年の春。
先週の週末、待ちに待って、自生地の海岸を訪れました。

浜に降りてみると、ありました!
けっこう大きな株です。

K1_08148
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ちょうど満開です。海をバックに咲く姿がいいですね。

K1_08158
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

下に枯れ草があるのは、昨年の葉っぱ。
こうして、毎年、新しい葉っぱを展開して、徐々に育って行くんですね。

少し離れた、別の海岸で見たイソスミレ。ちょっと、薄い色です。

K1_08295
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらの海岸で見た個体は、どれも、株が小さい。最初の写真のような大株に育つのに、何年かかことでしょう。

花だけ見たら、タチツボスミレにも似ていますね。
たぶん、この場所で、数年前にも見ています。でも、その時は、タチツボスミレが海岸に咲いているなあと、思ってしまっていました。

こんなすみれの花も、たくさん咲いていました。

K1_08321
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

スミレの変種で、アナマスミレと言います。
アナマは最初に見つかった北海道の地名だそうですが、アマナスミレとまちがえて名前を覚えてしまう人が多いみたいです。

すみれと競うように、ハマハタザオも、気持ちよさそうに咲いていました。

K1_08342
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

なんか、歩きだしそうですね。


|

« 春が遅い(ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ) | トップページ | 南限のミズバショウ »

11.春の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春が遅い(ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ) | トップページ | 南限のミズバショウ »