« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

丹後半島-雪残る山

1月最後の週末の日曜日(29日)は、丹後半島に行ってきました。

春のスプリングエフェメラル、夏の海岸植物、秋の紅葉と、多様な四季の植物が見られる丹後半島の冬は、果たして?

行ってみたら、丹後の山は、一面の雪原でした。

K1_06020
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

一週間前の週末、西日本の日本海側は、記録的な大雪に見舞われました。
その時の雪が、まだ、たっぷりと残っているのでしょう。

適度に融けて、残っている雪がきれいです。
雪の間からは、タニウツギの枝が顔を出していました。

K1_06032
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少し奥に行くと、なだらかな棚田が、きれいな雪に覆われていました。
すると、スノーモービルを楽しむ人たちが。写真を撮っているので、こっちに来るのは、もう少し、待ってぇ~。

K1_06085_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、湿原を覆う雪。
雪原から顔を出しているススキの穂が、おもしろい模様になっていました。

K1_06103
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

雪山を堪能した後、ジャージー牧場でおいしいソフトクリームを食べて、海岸へと向かいました。

<次回に続く>




| | コメント (0)

雪!(西谷の森公園)

日曜日(1月15日)の朝、今シーズンいちばんの寒波で、自宅のまわりも、雪で真っ白でした。

当然、雪景色を撮りに出かけようと思うのですが、気温が低いので、道路まで、きれいに雪が積もっています。
冬用タイヤを履いているとはいえ、運転には注意が必要。
あまり遠くまで行かない方がいいなあ、どこまで行こうかと考えた末、車で20分ほどのところにある里山公園(西谷の森公園)に行くことにしました。

9時半ごろ、公園に到着。
雪は、まだ、降り続いており、ほとんど、人影はありませんでした。

K1_05621
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

公園管理の人からも、「滑って危ないから、山には登らないように」と言われるし、平地の部分だけを散策することに。

池のガマ(コガマ)穂に、積もった雪。

K1_05640
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

アオモジ(多分)の花芽に、積もった雪。

K1_05675_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

まだ、誰も踏み入れていない、散策道。

K1_05718_1_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

これは、いちおう、雪ひも?

K1_05810
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

2時間半ほど散策して、家路につきました。
ああ、寒かった。

K1_05830
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)


| | コメント (0)

花の二十四節気3:2016年から

花の二十四節気の案内が、すっかり滞っていました。
2016年の花たちから、幾つかピックアップします。

小寒                         啓蟄
K3_09606fh_hagikuso_l_n_2 ハギクソウ       K3_11843fh_michinokufukujuso_l_n  ミチノクフクジュソウ

穀雨                                                       芒種
K3_13308_1fh_ochifuji_l_n オチフジ                   K3_16168fh_nigaichigo_l_n ニガイチゴ

白露                                                       小雪
K3_18181fh_yukimibana_l_n  ユキミバナ                K3_20979fh_sanekazura_l_n  サネカズラ

2017年も続けてゆきますので、よろしくお願いします。


| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »