« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年11月

「2016年 ブログ仲間の年忘れ写真展」のお知らせ

今年もやってきました、年末恒例、「2015年 ブログ仲間の年忘れ写真展」のお知らせです。

日程:12月6日(火)~ 12月11日(日) 10時~19時 (最終日は12時まで)

場所:MAG(南森町アートギャラリー)
         地下鉄南森町駅/JR大阪天満宮駅を降りてすぐ、天満宮の真向い

入場は、もちろん、無料。

詳しくは、DM(下記)をご覧ください。

Imgp4731_t
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

Imgp4727_t2_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

| | コメント (0)

ツルアリドオシ(実)、ダイモンジソウ

今年(2016年)は、幾度となく、丹後半島を訪れました。

今度の週末は、どこに花の散策に行こう?
迷った時、とりあえず、丹後半島に行けば、必ず、何かに出会えます。

11月第2週の週末(12日)も、そんな感じで訪れましたが、花に、実に、紅葉に、いろいろ出会うことができました。
その中から、ちょっと地味目な実と花の紹介です。

まずは、ツルアリドオシの赤い実です。
鮮やかな赤い実ですが、林の下に這うような蔓に点々と付く実は、地面近くに目をやらないと、見過ごしてしまいます。

K1_04882
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

直径8mmくらいの実です。
よく見ると、実に2か所、へそがあります。
これは、2つの花が並んで咲いて、実になるときは1つに合わさる(合着=がっちゃく、と言うようです)からです。
花の写真は、6月のブログ「ネジキ、ツルアリドオシ」にあります。
いかに小さい植物か、この写真の方がわかりやすいかも。

もうひとつは、ダイモンジソウの花。
山道沿いの、水が滴るような崖に、ちょっとした群落を作って咲いていました。

K1_05021
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ユキノシタに近い仲間で、花の形が「大」の字に見えることから、大文字草の名がつきました。

群落全体的には、ちょっとピークを過ぎた感じでしたが、まだ、きれいに咲いてくれている花もありました。

おまけ。
海岸の植物も散策したかったんですが、山の方で思ったよりいろいろ被写体があったので、海岸はちょっと歩いただけ。
波がちょっと高めで、やがて来る冬の日本海を思わせる海でした。

K1_05073
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)


| | コメント (0)

どんより空の赤い実(ノイバラ、カマツカ)

文化の日から続く飛び石連休は、ずっと晴天続きでした。

きょう(6日)も、おひさまマークの天気予報。
朝方、雲が出ていたけど、きっと、晴れるだろうと、いつもの、宝塚から篠山方面の里山コースドライブに出かけたのですが…。

あれれ?
雲が厚くなって、風も出てきた。
ぽつぽつとフロントガラスに雨粒が。

気温も、家を出るときは17度だったのが、徐々に下がっていって、ついに、11度に。
強い雨ではありませんが、完全な、時雨空。
もう、冬を思わせる空模様です。

そんな中で、見つけた、赤い実を二題。

ひとつ目は、ノイバラです。

K1_04773
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

これほど実がついているのは、珍しいと思います。
どんより空ですが、明るめの露出にすると、赤い実は、わりときれいに写ってくれます。

曇り空をバックに、思いきり露出オーバーで。

K1_04781
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ふたつ目は、カマツカの赤い実。

K1_04845
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

やっぱり、いつもより、実の付きがいいようです。

K1_04811
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

それにしても、寒い。
風が吹く中、凍えながらの撮影でした。

昨日は、よく晴れて風もなく、薄着でも暑いくらいだったのに、きょうは、一転して、時雨が降る寒空。
季節は、一気に冬に向かいそうですね。

| | コメント (2)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »