« 秋の道端にて(ヤマハッカ、キツネノマゴ、イヌタデ、アキノノゲシ、ヨメナ) | トップページ | ナツハゼ »

サフィニアとマルバツユクサ

ここらで、我が家のベランダ通信を。
本当は、9月の後半にお伝えしたかったのですが、遅くなりました。

さて、春にピンクの花を一面に咲かせていた、侵入者のサフィニアですが、その後、夏の暑い間も咲き続け、秋になっても咲き続けていました。
夏の間は、さすがに花成が衰えていましたが、9月になると、再び元気になり、こんな様子です。

Imgp4690
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

野生の花は、こんなに、いつまでも咲き続けることはありません。
園芸化されたことで、時なし花になってしまったのでしょうか。

10月に入って、少し、勢いがなくなってきました。
でも、いったい、いつまで咲き続けることやら。

もうひとつ。
マルバツユクサです。

こちらは、一昨年、どこからともなく侵入し、9月には、鉢いっぱいに広がっていました。
昨年は、目立たなかったのですが、今年、夏ごろ、小さな芽が出てきたと思ったら、あっという間に、また、鉢いっぱいに広がりました。

Imgp4698
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、10月になって、徐々に、枯れ色になってきました。
来年は、どうなるのかなあ?

|

« 秋の道端にて(ヤマハッカ、キツネノマゴ、イヌタデ、アキノノゲシ、ヨメナ) | トップページ | ナツハゼ »

31.ベランダのできごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の道端にて(ヤマハッカ、キツネノマゴ、イヌタデ、アキノノゲシ、ヨメナ) | トップページ | ナツハゼ »