« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

ボタンヅル

ちょっと、更新が滞って、8月21日に出かけた時の、ボタンヅルです。

今年、関西の夏は、あまりに暑くて、週末になっても、外に出ようという気になりませんでした。
それでも、21日は、午後から曇ってくるとの予報で、昼過ぎから、篠山あたりまで、軽くドライブ。

2年前の冬に、センニンソウの実と思って撮った写真が、ある方からご指摘を頂き、実はボタンヅルの実だったことがわかりました(→2015年冬至ボタンヅル)。

本当にボタンヅルであることを確かめなければと思っていて、花の時期になったので、見に行った次第です。

もちろん、ボタンヅルでした。
ちょっと離れていたので、望遠で撮影。

K1_03339
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

センニンソウは、真っ白でよく目立ちますが、ボタンヅルは、少しクリームがかった色なので、どちらかというと、景色に溶け込んでんでしまいます。

道端のフェンスに絡まっていたこのボタンヅルも、行きには気づかずに通り過ぎていました。

K1_03383_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

少しアップの写真です。

K1_03423_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

記録的な暑い夏が続いていますが、それでも野山は、秋の花が咲き始めています。
このボタンヅルは、夏の花か秋の花か迷うところですが、初秋のトップを飾る、秋の花なんだろうと思います。

| | コメント (0)

写真展「豊楽会作品展」のお知らせ

写真仲間の写真展「豊楽会・第15回作品展」のお知らせ

今年も、写真仲間で、グループ写真展を行います。
会場は、梅田のど真ん中。お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください!

場所:大阪駅前第2ビル5F 大阪市総合生涯学習センター ・ギャラリーA・B
         アクセスマップ

期間:2016年8月30日(火)~9月3日(土) 11:00~20:00
    ※8月30日は14:00から、9月3日は17:00まで

2016dm_n
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

今年は、ちょっと、期間が短めです。

私は、以下の時間帯に、会場に待機している予定です。
3日(土)午前、午後

| | コメント (0)

ハスは朝!

7月最後の日曜日(31日)は、先週に続いて、再び、亀岡のハスを見に行きました。
今度は、朝から見ようと、早朝5時半ごろ、自宅を出発。

着いたのは、6時半過ぎ。
既に、山から顔を出した朝日が、蓮池を照らしていました。

K1_03143
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

太陽を入れてみたのですが、空は、真っ白に飛んでしまっていますね。

でも、やっぱり、ハスは、朝がいいです。
新鮮な花が開いているし、それよりなにより、夏の朝は、すがすがしい。

朝とはいえ、強い日差し。
鮮やかなハスの花は、色が飽和してしまいそう。

K1_03175
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

コントラストがはっきりした、逆光の写真。
繰り返しますが、やっぱり、ハスは、朝です。

K1_03209
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

さて、オニバスは?

ぽつぽつと、咲いていました。

K1_03243
(クリックして、拡大画像をご覧ください)

8月の中ごろには、けっこう咲いているかなあ。
あるいは、9月の終わりくらいがいいかも。

| | コメント (0)

カワラサイコ

河原は、栄養分も乏しいし、時に洪水が起こって流されてしまうような、植物にとっては厳しい環境です。でも、あえて厳しい河原に適応して、生息している植物があるのが、生物界の不思議。

カワラサイコもそんな植物の一種ですが、近年、河川が人によって管理され、環境が安定し、洪水など起きなくなったことで、逆に、数を減らしてしまいました。

近くの河川敷に、なんとか、自生しているカワラサイコがあります。
何もしないと、周りの草に負けてしまうので、人の手によって、草刈りするなどして、自生が維持されています。

6年前に、地元の保護協会の観察会で見た時は(2010年10月 カワラサイコ)、ほんとにわずかな自生でしたが、保護のお蔭で、数が増えたとのこと、久しぶりに様子を見に行くことにしました。

先日の土曜日(7/30)、朝早くから、河川敷に訪れてみたのですが、あれれ?カワラサイコはけっこうあるのに、全然咲いていない?

うっかりしてました。
カワラサイコは、ミツバツチグリ、ヘビイチゴ、ミヤマキンバイなどと同じ、キジムシロ属の仲間。
春に咲く、ミツバツチグリやヘビイチゴは、花が咲いているのは昼間だけ、夜は閉じています。
その性質は知っていましたが、真夏に咲くカワラサイコも同じだったんですね。

日が射し始めると、徐々に、つぼみが膨らんできました。
ミツバチも待ちきれないと見えて、まだ、開いていない花をこじ開けて、蜜集めを始めています。

K1_03052_0
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

だんだん、開いてきました。
あと、ひといき。

K1_03069
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

開きました!
かわいらしい、黄色い花です。

K1_03123_0
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

日が射し始めて、1時間ほどでしょうか。
満開です。

K1_03103_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

実は、カワラサイコという名前が、なかなか覚わりませんでした。

サイコ(柴胡)は、ミシマサイコのことで、漢方薬の原料になります。切れ込んだ葉っぱがミシマサイコに似ていて、河原に生えるので、カワラサイコと名付けられたのですが、この花から「サイコ」という名が浮かんできません。

前にも同じことを書きましたが、ミヤマキンバイと同じ仲間なので、カワラキンバイ、としてくれたら、覚えやすくてよかったのに。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »