« ネジキ、ツルアリドオシ | トップページ | ユクノキ、4年ぶりの開花 »

初夏の白い花(ヤマボウシ、イワガラミ、マタタビ)

梅雨入りした6月第2週の週末ですが、天気はまずまず。
そんな日曜日(12日)は、妻と、丹後半島方面まで出かけました。

まずは、山の方へ。思ったよりいろいろな花が咲いていました。
この時期よく目にするのは、ほとんどが白い花。新緑も終わり、緑が濃くなった時期なので、白が目立つからではないかと密かに思っていますが、確証はありません。

中でも、ヤマボウシは、初夏の山で最も目立つ花といってもいいでしょう。
枝の高いところに上を向いて咲くので、なかなか撮りづらい花ですが、さいわい、道路わきの低いところに咲いていてくれました。

K1_01804
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こんなアップも撮れました。

K1_01810
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

次に目立っていたのは、イワガラミ。
道路に面した、コンクリートブロックの斜面に覆いかぶさって咲いていた花が、ひときわ目立っていました。

K1_01886
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

本来は、岩や木の幹に絡みつく花ですが、たくましい植物なのでしょう、こんなブロックや、砂防ダムのコンクリートにも絡みつきます。

こちらは、アップの写真。
こうして見ると、アジサイの仲間だということがよくわかります。意外と美しい花だということも。

K1_01921
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

見上げて撮影していると、むせるような甘い香りが漂ってきました。イワガラミの花は、強い香りも放つんですね。今まで知りませんでした。

もう一つ紹介する白い花、というか葉っぱ?は、マタタビです。
マタタビの花は控えめで、あまり目立たちません。変わって目立つのは、白く変色した葉っぱです。

K1_01881
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

遠目に見ると、この白い葉っぱは、かなり目立ちます。これで、まずは、視覚的に、虫たちを呼び寄せているのでしょうね。

そして、近づいたら、花が放つ、甘い香りに引き付けられるのでしょう。

K1_01870
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

山で、ひとしきり花の写真を撮った後は、海岸へと向かいました。

<次回へ続く>

|

« ネジキ、ツルアリドオシ | トップページ | ユクノキ、4年ぶりの開花 »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

マタタビ、面白いですね。葉っぱが白くなって花が小さくて可愛いです。
ご近所の庭先でヤマボウシにそっくりな庭木を見つけました。
びっしりと花をつけていて目立つので、何という花木なんだろうと思っていました。ピンクのハナミズキに似てるけど、??と思って眺めてました。
新車のドライブ、楽しんでおられるのですね

投稿: Chie | 2016年6月14日 (火) 12時03分

Chieさん、こんばんは。

葉っぱが白く変色したマタタビは、遠くからも、目立ちます。花が終わったら、また、緑に戻るみたいですね。不思議。

近所の庭で見かけたというピンクの花は、たぶん、ヤマボウシの園芸種と思います。ちょっとピンクがかった品種があります。

スバルのアイサイトの追従運転、おもしろいです。
まだ、ちょっと、緊張気味に運転してますが、慣れたら、かなり、楽ちんになりそうです。

投稿: ほととぎ | 2016年6月14日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネジキ、ツルアリドオシ | トップページ | ユクノキ、4年ぶりの開花 »