« ミズトラノオ、ナンバンギセル | トップページ | ハマベノギク、ウンラン »

マツムシソウ(大山)

数年に一度だけ現れる、秋のシルバーウィーク5連休。
どこへ行こうかと悩みましたが、泊りがけはせず、妻と、日帰りドライブで遠出をすることにしました。

初日の19日は、大山方面に行ってきました。

大山に行くのは、数年ぶりです。
目指す花は、マツムシソウ。
10年前の2005年に訪れた時、ゲレンデ脇に復元を試みているマツムシソウが咲いていましたが、わずかに、点々と咲いていただけでした(季節の一ページ:2005年9月-マツムシソウ)。

その後10年経って、どうなったでしょうか?

着いてみると、おお!増えている!
道路わきからも、草原に群れ咲いているマツムシソウが見て取れます。

K3_18627
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

2005年に見た時とは、えらいちがいです。
当時は、マツムシソウに目をとめる観光客など、ほとんどいませんでしたが、きょうは、マツムシソウを写真に撮る人もけっこういました。

雄大な大山をバックにしたマツムシソウです。

K3_18606_1
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

奇しくも、10年前の、ホームページ連載記事「季節の一ページ」に、
「雄大な大山をバックに、群生するマツムシソウが撮れる日の来ることを祈っています。」
と書きましたが、それが、現実のものとなりました。

ネットで調べてみると、地元の学校なども協力した植え戻しなど、地道な活動を続けられてきたようです。
純粋な自生ではないにしても、こうして、かつての花がよみがえるのはうれしいことです。

ワレモコウとの競演姿もありました。

K3_18621
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

もう1か所。
こちらは、大山から、車で1時間ほど西のところにある、岡山県の花見山です。
スキー場のゲレンデ一面にマツムシソウが咲いていました。

K3_18405
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

持ち主の方が、苗を植えたり、種をまいたりして、増やしたそうです。
自生ではないものの、ハイカーの目を楽しませてくれます。

|

« ミズトラノオ、ナンバンギセル | トップページ | ハマベノギク、ウンラン »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミズトラノオ、ナンバンギセル | トップページ | ハマベノギク、ウンラン »