« バイカモ | トップページ | オオバアサガラ、近くにあった »

ハマウツボ

前回からの、続きです。

新温泉町から東に少し走ると、鉄橋で有名だった余部です。
鉄橋は、3年ほど前にコンクリート橋に架け替えられたのですが、どんな姿になったのだろうと思っていると、山の間から、何の変哲も無い、ただの高架橋が見えてきました。

ああ、あれがそうか。
がっかり感は否めません。それでも、変わり果てた姿を写真に撮っておこうと思ったのですが、鉄橋真下の道の駅の駐車場が満杯で、駐車できませんでした。
なので、写真がありません。すみません。

豊岡の町を横切り、丹後半島の根元に、昼前に着きました。
丹後ジャージー牧場で、ピザの昼食を取った後、目的の海岸へ。

さて、お目当てのハマウツボは、あるかな? 
ありました!

Imgf2594_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ハマウツボは、カワラヨモギに寄生する寄生植物です。
写真の、白っぽい細かい葉っぱが、宿主のカワラヨモギ。その間から、すっくと、まるでカワラヨモギの花?のように、咲いていました。

こちらは、カワラヨモギの葉の間に、隠れるように咲いてる個体です。

Imgf2611_1_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

茎や花は、かなり毛深いですね。これも、潮風から身を守るためでしょうか。

これまで、ハマウツボは、枯れ姿は見たことがありましたが、咲いている花を見たことはありませんでした。
きょう、やっと会えました。

他に、海岸に咲いている花はあまり多くない印象でしたが、砂浜には、こんな花がいっぱい咲いていました。

Imgf2623_1_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

セリの仲間のハマボウフウです。
後から知りましたが、山菜になるんですね(海岸の植物なのに、山菜と言うのも変?ですが)。

|

« バイカモ | トップページ | オオバアサガラ、近くにあった »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイカモ | トップページ | オオバアサガラ、近くにあった »