« オオバアサガラ | トップページ | ネムノキ »

ユクノキ

きょう(23日)も、観察コースである三田から篠山方面に車を走らせていました。
時々足を伸ばす、あまり車が通らない峠道に沿って谷を進んでゆくと、突然、目の前に、こぼれんばかりに白い花が咲いた大木が現れました。

Imge1197_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

なんだ、これは!?
この季節、ここは、何回か通ったことがあるはず、でも、こんな花、見たことがない!

でも、何かの本で見た覚えがある…、でも、名前を思い出せない。
時間も、もう、遅かったのですが、とりあえず、写真だけは何枚も撮りました。

撮影後の帰り道、ふと、ユクノキ?という名前が浮かんできました。
スマホで検索してみると、どうやら、ユクノキでまちがいなさそうです(昨今は、ずい分と便利になったものです。気軽に携帯でネット検索ができるんですね)。

Imge1221_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

マメ科のユクノキ。この、不思議な名前の由来は、「雪の木」がなまったと言う説が有力。
花を咲かせるのは、数年に一度!道理で、今まで、見なかったはずです。

この花の姿を次に見られるのは数年先とわかったら、もう一度、ちゃんと見たくなりました。
翌日、24日の日曜の朝、再び見に行きました。

Imge1216_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

花に近寄れば、マメ科であることはよくわかります。
それにしても、まさに、「雪の木」ですね。木全体が白く覆われたみたいです。遠目にも、とても目立ちます。

Imge1229_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

撮影しているうちに、雲が薄くなり、日差しが漏れてきました。
コントラストが強くなってきて、ますます、白い花が光を放ちます。写真には、撮りづらくなってきますが。

Imge1250_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

この日は、夜に、ホタルを見に行こうと思っていました。暗くなるには、まだ、時間があるので、少し篠山の山をドライブしよう、そう思わなかったら会えなかったんです。まったくの偶然でした。
次に、この花に会えるのは何年先かわかりませんが、今度は、会うべくして会いに行きたいですね。

2013年6月22日 
追記:
一年後、本当に花は咲いていないのか、見に行きました。
果たして、花ひとつ咲いていません。葉っぱだけが、青々と茂っていました。
これでは、気づかないわけです。

|

« オオバアサガラ | トップページ | ネムノキ »

12.夏の花」カテゴリの記事

コメント

これは、すごい迫力ですね~。
すてきな出会い、おめでとうございます。

投稿: カリブ | 2012年6月24日 (日) 23時50分

カリブさん、お久しぶり。

そうなんですよ、ホントに(^_^)
目の前に現れたときは、びっくりしました。
ラッキーでした。自然は予測がつかないですね。

投稿: ほととぎ | 2012年6月25日 (月) 08時07分

見事ですね。
こちらには無いのでまだ見た事がありません。
一度見てみたいですね。

投稿: やまそだち | 2012年6月26日 (火) 21時36分

 素晴らしいユクノキですね。
 こちらでも今年は花が咲いているのですが、遠くてとても写真になりません。比較的近くのは交通量の多い国道沿いで、しかも歩道がないので、撮るのは命がけ(^_^;)です。てなわけで、結局まともな写真は撮れないでいます。

投稿: ペン | 2012年7月18日 (水) 23時09分

やまそだちさん、

すんません、ぼやっとして、コメント見落としていました(^_^;)
ユクノキは、西日本に分布するんですね。
この次、この花が見られるのは、いつかなあ。

投稿: ほととぎ | 2012年7月18日 (水) 23時52分

ペン さん、

近くに咲いていなかったのは残念ですね。
このユクノキは、山間の県道沿いで、小さな川の向こう側でしたが、たまにしか車が通らない道なので、ゆっくりと、三脚を構えて撮ることができました。
狭くて、交通量が多い国道や県道沿いって、たまに、おおっ!と思う花が咲いていますよね。でも、車も停められないし、停められても危なっかしくて撮れやしない。
もっとも、それだから、花も取られずに、咲いているとも言えます。

投稿: ほととぎ | 2012年7月18日 (水) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオバアサガラ | トップページ | ネムノキ »