« リュウノウギク | トップページ | アサマリンドウ »

ヨシノアザミ

リュウノウギク(前回参照)と並んで、高く伸びたアザミが咲いていました。
この固体は1.5mはあったでしょうか。写真は、全体の上1/3くらいを撮ったものです。

Imgd0212_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

こちらは、別の固体で、やや倒れ気味になりながら、花が固まって付いていました。

Imgd0221_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

秋に見るアザミは、生えている環境、草刈の程度などによってかなり形態が変化するので、図鑑で写真や説明を見れば見るほど、わからなくなる気がします。
それより、地域によって種が限定されるようなので、咲いている場所で判断した方が、まだ、当たらずとも遠からず、でしょう。

というわけで、兵庫の山で見られるものは、たいていは、ヨシノアザミに分類されるものだと思います。
ヨシノアザミは、関西に分布します。ヨシノの名は、てっきり、奈良の吉野に由来するものだと思ったら、ちがうんですね。研究者の名前だそうです。

ところで、アザミ、トリカブト、タンポポ、テンナンショウなどは、その仲間(属)だということは簡単にわかるものの、そこから先の種は何かというのは、素人にはお手上げです。
思うのですが、全ての生物を同じ「種」という概念に当てはめようとするのが、そもそも、無理があるのではないでしょうか。

種よりも大きい概念の方がまとまりが良いものは、大きな概念(今の分類で強いて分ければ、上種)でまとめて、種のレベルはなし、とする。細かい、微妙な分類は、種よりも下の概念(変種など)で分ける。
種だけでなく、上位の分類、属、科、目、綱、門も、一律に分けず、まとまりの良い段階で分ける。たとえば、哺乳綱の有袋目は、明らかに他の目より大きな概念なので、目レベルに置かず、上の概念(上目)に置いて目はなし、とする。

この方が、自然に分けることができるのではないでしょうか。
ただし、かなりの、頭の切り替えが必要でしょうけど。

|

« リュウノウギク | トップページ | アサマリンドウ »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

こちらで良く見かけるナンブアザミに似ていると思ったら、ヨジノアザミはナンブアザミの変種だったんですね。

こちらにはナンブアザミの変種のトネアザミがありますが、ナンブアザミとの違いがはっきりしないものがあり、そんなものはナンブアザミにしています。アザミも難しいですね。

投稿: やまそだち | 2010年11月 8日 (月) 19時14分

広く分ければ、ヨシノアザミもトネアザミもナンブアザミなんですね。
スズカアザミも同じ?と思ったけど、これは別なんですね。
やっぱり、難しい。よくわからんです。

投稿: ほととぎ | 2010年11月 8日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リュウノウギク | トップページ | アサマリンドウ »