« 石鎚山3:下山 | トップページ | カワラサイコ »

ヒガンバナ

猛暑のせいで、開花が遅れているとニュースになった、今年のヒガンバナ。
ならば、10月頭ごろならばちょうど良いだろうと、きょう(3日)、出かけてみました。

そんなに遠くまで行くこともないので、近くの、猪名川町の田んぼを訪れてみると…。
咲いていました!
さすがに、満開のピークはやや過ぎていたものの、まだ、十分に鑑賞に堪えうる状態で、あぜ道を真っ赤に染めていました。

Imgc8854_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

密度の濃いところは、あぜ道を覆いつくして、足の踏み場もないくらいです。
何度見ても、ヒガンバナの「赤」は、鮮烈ですね。

Imgc8865_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

土手の道では、わだちの両脇に、列になって咲いていました。

Imgc8892_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

後ろの畑には、カラスよけの?ペットボトルの風車が回っています。
こういった、何気ない風景が好きです。

最後に、少し、白の入ったヒガンバナの群落の写真を。

Imgc8904_s
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

撮っているときは、しおれかけて白くなったと思い、そんな花を撮るのも風情があってよいなあ、なんて悦に入って撮っていたのですが、よくよく見てみると、そうではなくて、少し、白が混じった花のようです(しおれかけている花もありますが)。

白髪交じりのヒガンバナ?ですね。

|

« 石鎚山3:下山 | トップページ | カワラサイコ »

13.秋の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石鎚山3:下山 | トップページ | カワラサイコ »