« 白山紀行(2) | トップページ | トウテイラン »

白山紀行(3)

まだ、真っ暗な山小屋のベッドのあちこちから、アラームが響き始めました。
白山山頂からのご来光を拝むため、登山者みんな、目覚ましをセットしていたようです。

午前4時、気持ち明るくなり始めた星降る空を眺めながら、山頂までの道のりを歩きます。
これが、意外と遠くて、一晩寝たとはいえ、疲れている体には、きつい。

でも、何とか、山頂に到着。
既に、人で鈴生り。山頂を少し過ぎたあたりに構えて、日の出を待ちます。
ああ、朝日が昇ってきました!

Imgc7490_s_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

昨年の唐松岳に続いて、今年もご来光が拝めました。なんと、良い心がけ!
朝日が昇りきるころ、どこからともなく、万歳三唱が。ここでしか味わえない感動、これぞ、山登りの醍醐味でしょうか。

ふと、振り返ると、朝日に照らされた白山の大きな影が、遠くの山の、そのまた向こうに伸びていました。

Imgc7495_s_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

ご来光を満喫して、山頂小屋まで下ると、今度は、朝日に輝くクロユリが待っていました。

Imgc7537_s_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

朝食を済まし、名残惜しくも、下山の開始です。
山小屋付近の岩場に、イワギキョウが、可憐な青い花を咲かせていました。
これも、朝日が透けて、とってもきれい。

Imgc7555_s_4
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

山小屋下の湿原跡らしき平地から、昨日の登りとは別のコースに分岐しました。
平地から少し下り始めたところで、思いがけず、チングルマの大きな群落が、こんにちは。

Imgc7591_s_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

やっぱり、高山植物の定番、チングルマを見ないと、登った気がしない?
白山をバックに、俯瞰的に撮ってみました。

Imgc7601_s_2
(クリックして、拡大画像をご覧く ださい)

昨日もいい天気でしたが、きょうは、さらにいい天気。ガスひとつありません。
下りはまだましですが、きょう、登ってくる登山者の、しんどそうな、顔、顔、(x_x)
昨日から登って、よかった。

無事、登山口に着いたのは午後1時ごろだったでしょうか。
さすがに、足が棒になりました。
でも、年に1回くらいは、こんな登山もいいですね。

(おしまい)

後日談:
次の日から、ふくらはぎから下が、ひどい筋肉痛で、動くたびに、いててて。
なんと、1週間も、筋肉痛が取れなかった…。情けない。

|

« 白山紀行(2) | トップページ | トウテイラン »

21.山紀行」カテゴリの記事

コメント

白山は一度行きたいと思いながら、まだ登っていません。
金沢方面はこちらからは結構時間がかかります。
今年は雪解けが遅れている山が多いようですね。
新鮮な花が見られ良かったですね。
白山是非行って見たいです。

投稿: やまそだち | 2010年8月 4日 (水) 07時49分

今晩は (^^)/~
おじゃましまーーーす。
イワギキョウ美しいですね。
八方池の脇のほうのケルンの近くのイワギキョウなら見ているけどそれより上には行っていないから残念ーーー
(>_< ) ( >_<)
この間TVで筋肉は縮む方向に力を入れるのはOKだが
伸ばしながら力を入れると筋繊維が切れやすいので
出来るだけ歩幅を小さくして歩かないと
膝が笑って、翌日以降筋肉痛に襲われる
と放送してました。
(/||| ̄▽)/
ウサギ平から下に降りようとしたら時間前に既にリフトが止まっていて膝が痛いのに下まで歩いたことのある可愛そうな
アライグマです。
(ーー;) 遭難したら如何するんだ。怨んでやるーーーーーリフト会社

投稿: アライグマ | 2010年8月 4日 (水) 20時30分

同じ花を撮影しているのに、こんなに綺麗にオイラは撮影出来ないのだろう。(ノ_-。)
ほととぎさんのように愛でる心が少ないのかな。

投稿: まるちゃん | 2010年8月 4日 (水) 21時48分

やまそだちさん、こんばんは

関西から近い白山は、そちらからは遠いですね。
以前から誘われていたのですが、長い行程に尻込みしていて、ようやく今年、意を決して行って来ました(ちょっと、大げさか)。

かなり疲れましたが、年に1度くらいは、これくらいの山に登りたいですね。

投稿: ほととぎ | 2010年8月 4日 (水) 23時46分

アライグマさん、ようこそ
はじめまして?どこかで、お会いしている?

小またで歩く方が、いいんですね。
昔は、山は、ゆったりと大またで歩く、って聞いた気がして、つい大またになってしまいますが、確かに、足への衝撃が大きい。
結局、下りの最後の方は、自動的に小またになりました(^.^)

時間前にリフトが止められたとは、ひどいですね。
その時間までは動いている前提で行動するのですから、時間まで動かす義務がありますよね。

投稿: ほととぎ | 2010年8月 4日 (水) 23時51分

まるちゃん、こんばんは。

まるちゃんの写真は見てないですけど、そうですか?
そんなこともないと思いますけど。
逆光で撮ると、うまくごまかせますよ、なんちゃって。

投稿: ほととぎ | 2010年8月 4日 (水) 23時55分

あっ、しまった(/||| ̄▽)/
「ほととぎさん」はNIFのフォーラムにいらした方ですよね。
やまそだちさんもいらしてたのでそうだと思っていたのですが。
そういえば殆どお話してないしコチラにも始めてのお邪魔でした。
いつもアチラコチラでお見かけしていてこちらも覗かしていただいていたので失礼しました。

>時間前にリフトが止められたとは、ひどいですね。
膝がかなり痛かったので階段は後ろ向きで降りました。
後ろ向きに歩くと痛みが少し和らぎます。
ひっくり返る危険はあるけど。
八方で酷い目にあって帰ってきて数日後に何処かの山で「麓の駐車場に車が何日も置き去りになっていて遭難のようだ」とTVでやっていて「ゾッ」としました。
(TヘT;) 危なかった。あんなリフトの所で遭難したら恥ずかしい。

投稿: アライグマ | 2010年8月 5日 (木) 09時50分

アライグマさん、

はい、niftyの者です(^.^)
パソコン通信のころは、東は東北から、西は九州まで、オフに飛び回っていました。
そのころ、どこかでお会いしていたかも?と思ったのですが、当時のメールなどはPCのクラッシュとともに無くなってしまい、もはや、わかりません。

八方は、ほんとに災難でしたね。
これからも、気が向いたら、コメントくださいね。

投稿: ほととぎ | 2010年8月 5日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山紀行(2) | トップページ | トウテイラン »